FC2ブログ







JR西日本 七尾線 車窓

10111302.jpg


七尾線 = 能登半島を走る。。海岸線を走る

そんなイメージを持っていたけれど、広大な大地を走っているかのような車窓でした。


10111305.jpg

七尾線は、写真の下の方の黄緑色の部分を横断するように走っています。
能登半島に広大な平野があるということ、七尾線に乗って車窓を眺めてはじめて気がつきました。








10111303.jpg


10111304.jpg



青空がとても綺麗な日でした。
このあと、乗ることになっている「のと鉄道」はまさしく海岸線を走る電車で、この青空がそれはそれは。。絵のような車窓にしてくれました。

旅は晴天続きがいいと思います?
北陸乗り放題切符の三日間、けっして晴天続きではありませんでした。
でも一日目の高山本線の渓流景色、JR西日本とJR東海の境界駅「猪谷駅」は雨の暗さが似合っていたし、
二日目の伏木、高山町散策の日の曇り空は日焼けもせず、暑くもなくよかったし、
三日目の「のと鉄道」は晴天が車窓を見事に見せてくれたし。
いい意味でお天気に恵まれた三日間でした。


関連記事

なつかしいですね。私は珠洲駅まで行きました。当時は国鉄能登線でした。
[ 2010/11/21 08:28 ] [ 編集 ]

★うてきなぷりぱさん

うてきなぷりぱさんの時代は「珠洲駅」までだったんですね。
私も19歳の時に友達と、能登を旅したのですが、一体どこまで国鉄に乗ったのか、どこをバスに乗ったのか全く記憶がないのです。
夜行列車に乗って金沢駅に着いたのが早朝?3時で、2時間~3時間待って次の電車に乗りました。
木のベンチに座って、木の駅に居た記憶は鮮明です。
あの頃は、鉄道に興味がなかったのですが、旅行の記録だけでも残っていたら どの廃線路線に乗ったかがわかるのに。。と残念です。
[ 2010/11/24 20:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2106-a3597045