のと鉄道「能登鹿島駅」 (石川県鳳珠郡)

 素晴らしく楽しかった今年9月の北陸の旅。
しばらくお休みしているうちに12月も半ばを過ぎ今年も残りわずかとなってしまいました。
あの素晴らしい景色を大切に思い出しながら、また少しずつたどって行くことにします。



 19歳の時に友達と能登半島を旅したとき、JRでした。
1991年「のと鉄道」に移管されました。

 予想以上に綺麗な海岸線を走る、のと鉄道に目を輝かしながら最初に下車した駅は、「能登鹿島駅」
「さくらの駅」としてマスコミでもよく取り上げられることのある駅です。


10120202.jpg


10120211.jpg

10120205.jpg
すぐそこに海があり、でもその先は山。というめぐまれた風景の中に能登鹿島駅はあります。




駅舎正面へは、海岸側からのアプローチとなっています。

10120207.jpg

10120206.jpg






10120210.jpg

10120112.jpg

10120208.jpg
その名の通り、桜の季節になれば、それはそれは桜のトンネルとなり見事であろう事が想像できますが、これはまた新緑の頃。。が爽やかで気持ちいいに違いないと思います。




10120203.jpg
木造駅舎だった頃にも来てみたかったなぁ。
のと鉄道の各駅舎にはこのように昔の駅舎の絵が飾られていました。






10120209.jpg


10120201.jpg







関連記事

いよいよ 北陸シリーズ再開ですね!
楽しみです^^

自分が訪れたのも 桜のシーズンではなかったですが それでもやはり雰囲気のある駅でしたね
桜の頃は きっとお伽噺に出てくるような情感に包まれるんでしょうね・・・
[ 2010/12/18 23:08 ] [ 編集 ]

★dendoroubikさん

dendoroubikさんお久しぶりです。
なにかと雑用が多くまとまった時間が取れず更新も滞りがちになってしまってます。

でもこうやって再び 北陸の旅を振り返ると感動が蘇り気持ちがたかぶります。
北陸の旅三日間それぞれに素晴らしかった。三日目の「のと鉄道」は車窓と駅。。青空最高でした。

能登鹿島駅。。お伽噺のような駅。。そうですねぇ。。。
桜が咲いたら絵に描いたような駅にもなるでしょうねぇ。。

[ 2010/12/19 22:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2124-170a7520