一畑電車 大社線 「出雲大社前駅」 (島根県出雲市) 

(2/7写真一枚追加しました)


11020606.jpg

北松江線を川跡駅で大社線に乗り換えて終点「出雲大社前駅」
昭和5年(1930年)建築。
深いドーム型の瓦屋根。ステンドグラス。かなり奇抜なデザインですが、設計者は不明とは、設計した方が気の毒な気がします。

 以前は中央に塔屋があったといいますから、教会をイメージしたものだったのでしょうか。



11020601.jpg

11020607.jpg

11020602.jpg

11020603.jpg






 この駅舎、見通しのいい所にあればもっと際立つのでしょうけど、出雲大社への参道の建造物の多い中にあるので、意外に地味な感じがして気をつけていないと通り過ぎてしまいそうな。。そんな感じでした。

11020604.jpg

11020721.jpg



 内部がまた素晴らしいのですが、次回書かせて頂きます。


関連記事

内部の紹介が楽しみ

こんばんは。
ここはインパクトがありますね。
へえーっ、実際には意外に地味な感じなのですか。
内部の紹介が楽しみです。
[ 2011/02/06 20:55 ] [ 編集 ]

★ひろ009さん

洋風建築などない、出雲大社への参道にこれほど奇抜な駅舎を建てられた経緯が気になっています。
勇気ある、面白い発想だと思うのです。。
内部、どうぞご覧ください。。
ステンドグラスの光は本当に綺麗でした。
[ 2011/02/07 22:27 ] [ 編集 ]

国鉄大社駅と比較するとかなり印象が異なり、興味深いです。
[ 2011/02/11 18:59 ] [ 編集 ]

★うてきなぷりぱさん

対極にあるような駅舎ですね。
当時の方々はどちらがお好きだったでしょうね。。
[ 2011/02/11 23:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2165-671aec7f