JR大社線 「旧大社駅」 (島根県出雲市)

 島根県松江市、出雲市を訪れたのは昨年9月1日~3日。昨年は、記録的な猛暑で9月に入ってもそれが衰える事はありませんでした。
 早朝から一畑電車で松江まで行き、松江の町を散策した頃はまだ、暑さも我慢の出来る範囲でしたが、歩き回ってかなり疲れました。
 一畑電車で出雲大社前駅に着いたのは12時頃だったでしょうか。暑さもピークに達しようかとする頃でした。
綺麗な出雲大社前駅を見る元気は少し残っていましたが、さて。。ここから私はJRの「旧大社駅」を見る為歩かねばなりませんでした。案内所で「鳥居を越えて。。」と説明してもらいましたが、それもとてつもなく遠く思えたし、その後も駅は見えてこず、不安な気持ちと暑さと足が痛くなってきたのとで。。。「もういっかぁ。。 でも今更引き返しても。。」
汗を流しながら、本当にとんでもなく長い時間に思えました。
「もう夏には旅をしないぞ。。」と暑さに弱い私は誓うのでした。。




11020925.jpg
一畑電車出雲大社前駅前の出雲大社参道筋を下る事、15分。やっと左手に大きな建物が見えてきました。
お寺? あれが駅? その重厚さと大きさに驚きました。


11020901.jpg




大社線はかつて「出雲市駅」から「大社駅」までを結んでいた支線です。
出雲大社への参拝路線で、東京、大阪、京都からの直通急行、お召し列車の運転もありました。

「大社駅」は大社線の終着駅。

11020926.jpg
11020902.jpg
11020904.jpg
11020905_20110208210229.jpg


明治45年6月開業
大正13年改築
平成2年(1990年)廃線により廃駅となりました。





駅舎内をのぞくと、そこは天井の高い開放的な空間。

11020906.jpg



ガラス張りの明るい切符売場。
11020907.jpg

11020908.jpg




その上の時刻表には廃線当時の列車名が書かれています。
11020909.jpg
11020910.jpg





ここは大正時代から観光案内所だったのでしょうか?
11020913.jpg

11020911.jpg

どこにまでも、出雲大社を意識したような丁寧なデザインが施されています。
11020912.jpg


11020914.jpg





ホームにもしっかりとした和風建築です。

11020915.jpg

11020916.jpg

11020917.jpg



こちらは車止め方向、大社線終結部分。
出雲大社方向。
線路の先に、出雲大社の鳥居が見えるのですが。。。うまく撮れていません。
11020918.jpg

この先が「出雲市駅」に通じていました。
その廃線跡は、自転車道となりほぼ辿る事ができ、遺構もところどころ残され、ホームも残っているそうです。
次回は、この先を訪れてみたいものです。
11020919.jpg


この駅舎には、跨線橋もコンコースも見当たりません、この線路を渡っていたのでしょうか。
11020921.jpg






木製の改札口は温かい感じがします。
11020920.jpg

こちら団体専用改札口。
11020922.jpg


11020923.jpg









11020924.jpg



ここから出雲大社までゆっくり歩けば30分位かかってしまいます。
もう少し近くに駅があれば、今でも現役でいられたかな?

旧二条城駅にも似ているなと思いましたが、二条駅は明治37年建築です。

[ 2011/02/09 20:35 ] ▼廃線・未成線 大社線 | TB(0) | CM(2)

私がお邪魔したときは大阪行きの急行大社が現役でした。ローカル線の終着駅にしては異様に立派だった印象がありました。
[ 2011/02/11 18:53 ] [ 編集 ]

★うてきなぷりぱさん

「地方」と言っては失礼になるのでしょうが、山陰地方にこれだけ立派な駅舎を作ったということは、やはり「出雲大社」が格の高いものだったからでしょうか。。
大社線、大阪行きの急行をご覧になられていたなんてうらやましい限りです。
[ 2011/02/11 22:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2168-36e11dc0