浄土真宗本願寺派 「本願寺神戸別院」 (兵庫県神戸市)

11021904.jpg

JR元町駅から歩いて10分のところにある「本願寺神戸別院」


父の家系が「浄土真宗本願寺派」である事を知ったのは、父が亡くなってから、なんていう親不孝な私です。
以前から気になっていた神戸別院を訪れようと思ったのはやはり、父の宗派であるから、神戸でもお参りをしておきたいと思ったからです。


「神戸のモダン寺」と呼ばれていますが、こうして親鸞聖人のブロンズ像が鎮座している姿はいいもの、面白いものです。


1995年(平成7年)前面新築された建物ですが、沿革はこちらに書かれています。
→ モダン寺

昭和五年、鉄筋の大寺院として我が国初のインド仏教様式デザインの建造物が完成しました。
 その斬新な様式の寺院は、神戸の高台に異彩を放ち、モダン寺として多くの人々に親しまれることになります


インド仏教様式の斬新なデザインは、昭和5年に建てられた旧寺院より受け継がれたものだそうです。



11021905.jpg


11021901.jpg

11021902.jpg

11021903.jpg


落ち着いた配色が斬新な建物の形を強調しすぎていなくて、神戸の町に自然に馴染んでいました。



関連記事
[ 2011/02/19 16:52 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2178-d3c14173