JR東海 紀勢本線 「阿田和駅」 (三重県南牟婁郡)

 ウーンと体に響く、気動車の音が心地いい。。
新宮駅から北へ三つ目の駅 「阿田和駅」
昭和15年開業当初からの駅舎だそうですが、さほど古さは感じられませんでした。


11041509.jpg


11041505.jpg

11041506.jpg



11041510.jpg




11041504.jpg

11041501.jpg


駅舎内は、かなり殺風景。
そういえば、 参宮線の駅舎もそうでした。
無人化されてから、必要最低限の物だけが残されたのか、もともとJR東海の和歌山・三重の駅舎がこういう造りなのか、ガランとした印象です。


11041503.jpg

11041502.jpg

11041508.jpg





11041511.jpg

関連記事

今となっては想像できませんが、かつて鉱山の鉱石輸送で賑わったようです。熊野古道へのアクセスもあったようです。ここは三重県ですよ、また時間があるときに訂正してくださいね。
[ 2011/05/06 18:26 ] [ 編集 ]

★うてきなぷりぱさん

ご指摘ありがとうございました♪

明るく開放感のある環境にあるので、鉱石輸送・貨物駅であったことを想像しにくいのですが、あの広さはそのためのものだったのですね。
[ 2011/05/08 22:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2209-01b60419