FC2ブログ







JR西日本 「奥出雲おろち号」 木次駅~備後落合駅

11051008_20110515201258.jpg

木次駅を出た、奥出雲おろち号は中国地方を横断する形で南東へと進みます。

絵に描いたような真夏の風景。

11051102.jpg

「備後八代駅」では幼稚園児のお出迎え。
♪とんぼのめがね♪のお唄を唄ってくれました。

11051103.jpg
11051104.jpg

それにしても、いい感じの駅舎。
古い駅舎を見れば心高鳴るのですが、この本数ではどうしようもない。いつか時間が出来たら中国地方の駅舎をゆっくり下車してみたいものです。




11051105.jpg



11051107.jpg






11051108.jpg
11051109.jpg
11051110.jpg
行きつ戻りつ三段スイッチバックです。



電車がスイッチバックなら、道路はループ橋(ループ線(ループせん)とは、、山間部にトンネルや橋梁を建設して螺旋状に道路を敷設することにより、急勾配を緩和してルートを形成する手法またはその線形のことである)
このあたりがいかに急勾配であるかがわかります。


11051111.jpg

11051112.jpg
(ループ橋脚部分)
関連記事

yumeさん こんばんは~
2枚目の写真は ほんとうに絵に描いたような写真ですね
のどかな雰囲気が伝わってきます
日本の原風景って感じの写真って好きなんですよ
このチビッ子たちも 素直に育っていくことを願いたいです
どの写真も緑があって癒されますね~
[ 2011/05/22 23:04 ] [ 編集 ]

木次線の県境付近はこういったイベント列車で存続しているのが現状です。もしそれもなければ廃止になっていたかもしれません
[ 2011/05/23 21:04 ] [ 編集 ]

★みえはるさん

今の季節の新緑も綺麗ですが、真夏の「緑」もいいですね。
自然そのままの風景にこそ「生」を感じます。
人間が原点に戻れるのはこういう風景の中なんじゃないかなぁと思います。。

素敵な夏の日でした。
[ 2011/05/25 21:06 ] [ 編集 ]

★うてきなぷりぱさん

日本各地のローカル線で、イベント列車でかろうじ生き延びているという路線は少なくありませんね。
私としては、そうではなく、そのまま寂れた感じながら続いているという雰囲気が好きなのですが、存続のためには仕方のないことですね。
[ 2011/05/25 21:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2223-b77a10b9