FC2ブログ







びわこ文化公園 (滋賀県大津市)

 県立近代美術館は「びわこ文化公園」にあります。

「びわこ文化公園」? 検索して始めて正式名称を知りました。
地元では「文化ゾーン」と総称していますが、「文化ゾーン」は美術館のある周辺を指すようです。




img_map.jpg



11092402.jpg


 自宅からは車でほぼ直線方向に進めばよく。所要時間10分弱。
ところが公共交通機関を利用して行くとかなり大回りになります。
一度JRの最寄駅までバスで行き、JRに乗車。ひと駅ですか、瀬田駅は新快速が停車しないので日中は本数が少ない。瀬田駅から再びバスで文化ゾーンへ。乗換時間を含めると一時間以上かかってしまいますし、交通費もかなりかかってしまいます。
それならいっそ。。。と自転車で5~6キロ走るのですが、これがまた上り坂が続き、途中で「もう今度からはバスと電車で行こう」と今までにも何度思ったことか。。

これは、私が住んでいる地域の特性かと思っていましたが、新快速の停まらない駅からバスに乗って文化的な場所へというのは、やはり不便な気がします。
それならいっそ、学生の町「南草津駅」を新快速停車駅にするのでなく「瀬田駅」にした方が、良かったのでは。。と思ったりします。







11092401.jpg
文化ゾーンの先には、大学病院もあるのですが公共交通機関を使うとなると同じ状態。20年位前でもタクシーを使うと2000円以上かかりました。
元気で文化施設に行くのなら自転車もいいし、公共交通機関を利用するのも仕方ないとしても病気の時は少しでも楽な方がいいに決まってます。運転の出来ない高齢者は今後ますます増えていきます。

 市制モニターをしていた時期に、「滋賀医大・文化ゾーンへの循環バスを私の住む地域から出して欲しい」という意見が出ていましたが、実現することなく。。

 いつも ひぃひぃ言いながら近代美術館に行っています。




11092403.jpg
関連記事
[ 2011/10/07 18:35 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(8)

アクセスが不便

ボランティアで4年間、近代美術館に通いましたが、車の運転が出来ないので不便でした。
往きは来るまで送ってもらいましたが、よく南郷まで歩いて帰りました。
アクセスがとても不便だから、絵のボランティア解説をしていても観客が極端に少なく、維持してゆくのも大変で、1月は休館になりました。
[ 2011/10/08 20:45 ] [ 編集 ]

★imasan

imasan コメントありがとうございます♪
やはりどの地域からでも不便だという事なんでしょうね。折角の文化施設なのにアクセスが悪いとどうしようもありません。
やはりJRの駅から歩ける範囲がいいですね。
滋賀の真ん中の駅前にどこかいい場所なかったのでしょうか。
滋賀県は美術館がどこも不便で困ります。佐川美術館も車に乗れないと守山駅からバスでしょ。時間もお金もかかります。
「神仏います、近江」 三館共通のMIHO MUSEUMはさらに遠くって、車でも不便ですもの。
美術館はもっと身近にあって欲しいです。

 南郷まで歩くってかなりの距離ですね。
自転車は帰りは「下り」なんで、結構楽なんですけどね。
[ 2011/10/08 21:01 ] [ 編集 ]

バスで行ってましたね

久々に「文化ゾーン」の名前を聞きました、20年ぶりくらいでしょうか??
小学校6年生~中学校1,2年生の頃、県立図書館に行くために(やたらと本が読みたい時期だった)南郷の家からバス~JR~バスで休みのたびに出かけていました。
浜大津の市立図書館の方が駅から近いし、当時通っていた合唱団の練習の帰りに寄れただろうから便利だったはずなのですが、なぜか県立図書館の方に行く頻度が高かったものでした。当時は不便だと思わず、むしろ、電車に乗ったりバスに乗ったり、帰りにアルプラザに寄れるのが楽しみにしていたりと、とっとしたお出かけ気分だったんだなあ、と思います。今だったら自転車で行ってそうな気もしますが・・・。

あの辺り、確かに不便な場所だったんだなあ・・・というのは名古屋に引っ越してから気付きました。ちなみに名古屋は愛知県図書館も名古屋市の図書館も中心部の駅から歩いて行ける場所でした。名古屋も東京もそうですが、市街地にそこそこ広い公園があるのはありがたいなあ、と思います。
[ 2011/10/09 00:44 ] [ 編集 ]

こんばんは~~

近代美術館は時々行きますが、頭から「車で」と思っています不便な所ですもの。。。

それでも駐車場が少ないから空くのをクルクルと回りながら待って止めます
もう少し考えて作ってほしいですね

ミホミュージアムは車でも行くまでに疲れてしまいました
行けども行けども山の中、うたい文句の如く
幽玄の世界ですわね。。。
行ってびっくりです、入り口から電気自動車で移動らしいです、時間がなくって中には入れませんでしたから・・・
[ 2011/10/09 01:19 ] [ 編集 ]

★れおさん

 丁寧なコメントありがとうございます♪
県立図書館は文化ゾーンに移転する以前は、におの浜の市立科学館(SLのあるところ)あたりにありましたし、それより前は滋賀会館の二階にありました。ともに「受験勉強」のために通ったものです。
今でも、そのあたりにあれば便利なのになぁと思います。

 合唱団の練習は市民会館でしたっけ? 現在の浜大津公会堂でも練習されていたような気がしますが、市立図書館にあたるものは、あの浜大津公会堂の中にありました。

 大津市は「中心部」ってのがないんですよね。はっきりとした官庁街もありません。大津市の長細い地形のせいなんでしょうか? 今更、遅いのかもしれませんが、大津駅あたりにすべての施設が集まっているといいのになぁと思います。
[ 2011/10/09 20:42 ] [ 編集 ]

★tyaaさん

 心の栄養を与えてくれる、美術館・図書館が不便なところにあっては、おだやかな町にはなれないと思いますね。
 自分が車に乗れないもので文化ゾーンへ車で行った事はないのですが、確かにどうしてこんなに駐車場少ないんだろ?って思っていました。 おかしいですねぇ。

 昨日MIHU MUSEUMへのアクセスを調べていたのですが、公共交通機関を使う場合、石山駅からバスなんですよね。片道50分800円。。  信楽駅からタクシーで20分とか。。
とんでもないですよね。
余程、見たい展示がなければわざわざ行ける距離ではありません。

 一度 娘に車で連れてってもらいましたが、しだれ桜がとっても綺麗です。。
電気自動車は、無料で乗れると思ってなくって「おいくらですか?」と聞いて 笑われてしまいました。。
[ 2011/10/09 20:51 ] [ 編集 ]

普通の都市計画ならば

瀬田駅当たりから新交通システムを敷設しないと不便で仕方ないですよね。
百歩譲ってガイドレールバス。
高齢社会にあまり対応してはいない都市ですね。
[ 2011/10/14 11:59 ] [ 編集 ]

★あかおさま

折角の、「文化ゾーン」が結局 文化ゾーンになってない。県民の近くにないんですよね。
車に乗れない人は、余程でない限りここまで行かないでしょうね。。

「滋賀県」の課題ですが、なかなかそこには目が向かないようです。
[ 2011/10/14 17:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2290-728e0240