FC2ブログ







“杣川(そまがわ)”  (滋賀県甲賀市)

 甲賀の田園地帯の中を堂々と、でも穏やかに流れる川。
その名を「杣川(そまがわ」と呼びます。
「杣」 見慣れぬ、聞き慣れぬ 文字と響きに出会うと、ますます旅の高揚感は増します。

11102802.jpg


 「杣」とは、神社仏閣などの建材となる木材を供給する森林を指す言葉だそうです。

 このあたりは東大寺などの巨大木造建築のために用いられる木材を供給する杣山で、現在の甲南町矢川橋付近の川辺に、矢川津といわれる川津が設けられていた。これは東大寺建立の折、造東大寺司という役所の下に置かれた甲賀山作所という出先機関付属の川津で、甲賀杣が開かれてからまもなくのことだった。これにより、この川を“杣川”と呼ぶようになったと考えられている


1102801.jpg



「神仏います近江」

この湖南の地で、東大寺建立のための木材が作られていたのですね。




神仏います近江
麗しの神仏に出会う滋賀の旅
滋賀県観光情報











関連記事
[ 2011/10/29 15:33 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(2)

ここから東大寺に木材が

杣山と矢川津、この名前にに歴史があるのですね。
東大寺大仏殿を造るために、日本全国から色々なものを集めたその力に驚きます。
誰が、どうして巨木を運んだのでしょう。
歩かれているのは、ロマンの道ですね。
[ 2011/10/30 05:06 ] [ 編集 ]

★imasan

imasan、昔の人々が建立した大きなお寺、お城。
今のように便利な手段はなかったでしょうに、どうしていたのかな?といつも思います。
人海戦術しかないような時代の人々の心意気に惹かれます。

ロマンの道というのがあるのですか? 
のんびりと歩けるいいコースでした。
[ 2011/10/30 21:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2303-ac3c9ada