桜満開 昭和の香りの「南郷水産センター」  (滋賀県大津市)

 琵琶湖から流れ出る唯一の天然河川である瀬田川の水を堰き止め、利水および治水に供する目的で運用されている「瀬田川洗堰(通称 南郷洗堰)」
そのの東詰にある「南郷水産センター」は、昭和41年(1966年)、「さかなと自然と人間とのかかわり」をテーマに掲げて、滋賀県漁業協同組合連合会により開設されました。

 自宅から歩いても20~30分。 毎年桜の季節になるとピンク色に埋まっていて気になっていましたが、センター内に入ったのは今回が始めてでした。


12041301.jpg

12041302.jpg



12041303.jpg
瀬田川に沿うように、南郷水産センターはあります。


12041305.jpg
ん? 大きな木も桜でしょ? 枯れてしまったのでしょうか。。 園内で一番の大きな桜の木だったでしょうに残念です。





 40年以上も前の施設ですから、昭和の香り、日本が上昇気流に乗っていた頃の香り漂うゲートは、前を通るたび見入っています。

12041307.jpg

12041308.jpg
「パラダイス」という言葉がなんとも。。



 ここの面白さはなんと言っても、「鯉」。鯉に餌をあげると、鯉達がもの凄い勢いで泳いできて、我先に我先にと大きな口をあけ、鯉を鯉とも思わず重なり合って食べようとする。。その勢い!!!!
これ、はじめての人は誰もが驚きます。
12041310.jpg

12041311.jpg



家から、お麩や、乾燥してしまったパン等を持っていくと経済的ですが。
12041324.jpg

センター内で売られている、大きなずっしりと詰まった「麩」の塊も、また面白いものです。
12041312.jpg

12041313.jpg

12041314.jpg

12041315.jpg

鯉が麩にかぶりつく力が腕にずんずん伝わってます。。
娘達が小さい頃、ふらっ。。と何度も遊びに来たものです。。


そしてここの面白さ。
昭和の時代の雰囲気がそのまま残っているのです。

12041316.jpg

12041317.jpg

12041318.jpg

12041319.jpg
カレーライス350円 玉子丼350円。
この看板は無造作に人の目につきやすいところに落ちていました。。。



12041320.jpg
「おでん」の文字にはかすかに斜め斜線が。。
確かに冬にはここに来ないかも。。



12041321.jpg


12041322.jpg
「南郷水産センター」だから「ナンゴー」?意味あるかなぁ。


12041323.jpg
「ノクアロール」じゃなく「アクアロール」なんですけどね。。


平日と言えども、ぴーかんの桜満開の日なのに、お客さんは数人。
娘達を連れてきていた時はもう少しいたかなぁ。 これでも5/5の入場料無料の日には、このあたりが渋滞するんですよ。(入場料大人400円 子供200円)

遊園地もあったのですが、この日は動いてなかったなぁ。。休みの日には稼動してるかなぁ。。


 ディズニーランド、USJ 洗練されて綺麗なレジャー施設が好まれますが、こんなところでのんびり。。いい時間でした。。。




関連記事
[ 2012/04/18 15:23 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(8)

水産センターは一番の遊園地やったなぁ。町内の子供会でも行ったし、小学校の中学年の頃は自転車でも行ったわ。
夏はプールで泳いだし、ジェットコースターも乗った。
大人になってみたら貧弱なジェットコースターやった。
今でも入場料400円は安いなぁ。

すき焼きに麸を入れるんやけど、紙袋に入っていた大きい麸は大分には売ってません。
[ 2012/04/18 20:33 ] [ 編集 ]

★らいん屋おやじさん

膳所あたりですと、南郷方面が近いのかな?
私達が友達と行くプールは皇子山、皇子ヶ丘。
親に連れてってもらうのは、パノラマプールか、紅葉パラダイスのプール。
そう紅葉パラダイスが今もあったらB級で面白そう。。
際川にあったヘルスセンター。琵琶湖を利用した水泳場みたいのがありました。 行ったのは一回きり。すぐに無くなってしまったみたいで、なんかあそこは幻。
考えてみたら、大津市内で残っているレジャー施設は南郷水産センターだけですね。

[ 2012/04/18 21:57 ] [ 編集 ]

観覧車もジェットコースターもないけれど

> 大津市内で残っているレジャー施設は南郷水産センターだけ

確かにそうですね。
単体でみれば, 皇子が丘公園プールが微妙と言えば微妙やけど。

あの「鯉の餌やり」は,他所から来た人の接待用には鉄板でした。石山寺観光とセットで。

あそこの売店で,
鯉がびちゃびちゃいう音を聞きながら食べる「あらい」の味がサイコーやったのに。
酢味噌がやたら酸っぱくて。
[ 2012/04/19 20:02 ] [ 編集 ]

★あかおさん

コメントありがとうございます。
南郷水産センターの「鯉の餌やり」はかなり強烈なインパクトがありますから、あれをもっと上手に「売り」にすれば人気の行楽スポットになるかもしれません(笑)大内市民でも意外に知らない人多くって、今日もお孫さんのいらっしゃる友達に教えてあげました。

売店では一度だけお昼食べたかなぁ。。 まぁとにかく南郷水産センターの独特な雰囲気、私は好きです。
一度1人で行って、隅々まで探検してこようかなぁ。。

[ 2012/04/19 21:35 ] [ 編集 ]

鯉と言えば、広島では広島東洋カープ 。
池にはまらないでねという表現がどことなく関西風の香りがします。広島だったら、池に落ちないでねかな。
[ 2012/04/21 23:25 ] [ 編集 ]

私が行ったんはだいぶ昔ですが、あの鯉の迫力にはたまげました。餌、もろてないんかなぁと。指を出したら、食いちぎられそうな勢いですもんね。
当時は小さい麩でしたが、この長い麩を丸ごとやるのは楽しそう。ガツガツ食いついて、陸まで上がってきたりして(笑)

「はまらないでね」がツボです。同じ書くなら「はまらんとってね」にしたら良かったのに。あ!これケンミンショウのバーで使えそう。
[ 2012/04/22 16:39 ] [ 編集 ]

★うてきなぷりぱさん


うてきなぷりぱさんお返事遅くなってごめんなさい。
プロ野球音痴なもので、「広島カープ」の「カープ」のいわれを気にしていなかったのですが、大田川が鯉の産地なんですね。
「はまらないでね」と書いた人は、別に意識したわけではなく、素で書いたらこうなったんでしょうね。。(笑)
[ 2012/04/24 21:56 ] [ 編集 ]

★ぽんさん

 B級好きの人のブログ記事を見ると、遠くからお金をかけていく価値あり。。とありました。
でもテーマパークのようなところを期待して行く人にはがっかりかもしれません。
鯉は、水面を出て、石の所まで食いついてきますが、そのままひきあげてみるのも面白いかもしれませんよねぇ~ 今度やってみます。ぽんさんもお試しを。。。(笑)
「麩」センター内で買うと結構するので、いつも家から持っていくのですが、この「麩」は限定もの?
あんな身のつまったしっかりしたものはそこらに売ってませんもの。近江八幡の丁子麩はちよっと大きいけど、中は空洞だし高いしね。。 フランスパンとかはどうかなぁ。。(笑) これも今度試そうっと。
[ 2012/04/24 22:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2358-cc61e39c