高野口小学校 (和歌山県橋本市)

 4/14「関西洋風建築めぐり」に参加させて頂いた時の続き記事です。

高野口駅から歩いて10分。桜の木の下に、瓦屋根の綺麗な間口の広い建物が見えてきます。。
まるで絵に描いたような小学校。


12041501.jpg


ここは「高野口小学校」
昭和12年(1937年)7月に着工、2011年に改修工事が終わりました。



12041502.jpg
中に入って驚くのは、その明るさと開放感。木枠の窓からふり注ぐ光を校舎内に見事に取り込んでいます。
廊下も十分に広く、ゆったりとしています。


本館から4本の突堤のような片廊下型教室が校庭側に伸びているのは、文部省が明治28年(1895年)に提示した理想的プラン=フィンガープランを採用したもの。

12041510.jpg



これによって各教室、各学年が身近に感じられ木と共にぬくもりを感じさせてくれます。

12041503.jpg

12041504.jpg

12041505.jpg

12041506.jpg


12041509.jpg
図書室の天井は、木材がデザイン的に使われています。


体育館は2009年、コンクリートと木の混構造により建替えられました。
12041507.jpg
12041508.jpg
どこにもある画一的な体育館とは違った斬新なデザインも、木造校舎とうまくバランスが取れていて素敵です。




12041511.jpg
日が伸びてきた夕刻、校舎内に綺麗なシルエットが出来ていました。

ぬくもりのある小学校で学んだ児童は、心豊かな子に育つでしょう。。。




 古き良き学校もあちこちで、廃校になったり建替られたりしています。

2008年2月に訪れた「吹屋小学校」もこの春惜しまれながら廃校になりました。
訪問記事 → 「国内最古の現役木造校舎「吹屋小学校」 (岡山県高梁市)」
ここも素晴らしいかったです。

 滋賀の豊郷小学校もなんとか、現役で頑張って欲しかったものです。
訪問記事 → 「豊郷小学校」
       「豊郷小学校」
       「豊郷小学校講堂」
       「豊郷小学校」


「改修」と形を経て、この先も使われ続ける「高野口小学校」 心の中であったかく輝いてくれています。


関連記事
[ 2012/04/24 21:39 ] ---まちあるき--- 和歌山県 | TB(0) | CM(10)

まだ現役の建物とは素晴らしいですね。
廊下の開放感が何とも言えません。

先日、京都の桜を(日帰りで)満喫しました。
今年度は仕事がかなり忙しそうですが、鉄道写真などを撮りつつ、あちこち出掛けようかと思います。
5月3日は、坂本を見てきます。里坊の特別公開は、確か初めてだったと思います。

では、また~
[ 2012/04/25 00:46 ] [ 編集 ]

高野口小学校校舎を見て、故郷で通った小、中学校の校舎を思い出します。
場所は違っても懐かしさを感じますね。
同じ様な、渡り廊下も思い出しますね。
1937年と言えば、この2年後に私は生まれました。

南郷水産センターの桜も素晴らしいですね。
私は、毎年、センターの金網の外、大戸川の堤防沿いに桜を見て歩きます。
[ 2012/04/25 18:01 ] [ 編集 ]

愛情あふれる学校

こんにちは。

私は4月度は参加できず残念でした。
美しい写真ですね。見事です。
廊下にうつるシルエットの写真がいいなあ。

建て替えられた体育館も木を使って素晴らしい!
[ 2012/04/25 21:50 ] [ 編集 ]

こんばんは!
高野口小学校、よかったですよね!
温かみのある木の校舎の雰囲気が伝わってくるような写真の数々です~
桜吹雪の舞い散る中庭もいい雰囲気でしたね。
TBありがとうございました~
[ 2012/04/25 23:45 ] [ 編集 ]

私の通った小学校もこんな渡り廊下でつながれていました。そこには木のスノコみたいなのが敷かれていましたけど。
そうだったのか!文部省推奨プランだったんですね。なつかし~です。
[ 2012/04/25 23:49 ] [ 編集 ]

★karesansui さん

karesansui さんコメントありがとうございます♪
こういう学校で学ぶ子はきっと、いい子に育つだろうなぁと思います。教頭先生もとても優しそうな素敵な方でした。

忙しい日々の中にも自分の好きな事は無理をしても取り入れていくべきだと思います。
そうでないと、息が詰まりますもんね。楽しみいれなきゃ。

以前、私が「えちぜん鉄道の駅って綺麗で面白くないですよね」と行ったら「綺麗に塗装はしてるけど古い駅で趣あるんですよ」と教えてくださいました。それがずっとずっと気になっていたのですが、先日 やっと行って来ました。おっしゃるとおり、こじんまりとしたいい駅舎がいっぱいで、とても満足のできる旅となりました。
また、車窓もローカル色いっぱいで、本当にいい時間を過ごせました。
karesansuiさんが教えてくれたよなぁ。。と ずっと思っていました。

坂本もいいところですね。あの静けさが好きです。
ゆっくりと楽しんできてくださいませ。
[ 2012/04/26 22:23 ] [ 編集 ]

★masanさん

鉄筋コンクリートのがっちりと、でも冷たい校舎よりも、木のぬくもりのある小学校がいいですよね。
私は殆ど木造校舎の経験がないのですが、あの「みしみし」という音も心地よかったものです。

南郷水産センターにいるとき、金網の向こうを歩いておられる人を見て「あそこ歩けるんだなぁ。。」と見ていました。もしかしたらmasanさんだったのかもしれませんね。
私も来年は歩いてみましょ。。
[ 2012/04/26 22:28 ] [ 編集 ]

★ひろ009さん

ひろ009さん、いつも参加されているのてに今回本当に残念でしたね。ひろさんがおられたら、喜ばれるだろうなぁと思っていました。

私は、どちらかというと、「そのまま」の朽ちたような感じが好きなのですが、今回こうして改修されてどっしりと明るく使われている様子を見ると、長く使うには改修も必要なんだなぁと思いました。
[ 2012/04/26 22:33 ] [ 編集 ]

★mayumamaさん

明るく開放的な感じが良かったですね。
あの時は、桜の時期が終わってしまっているなぁと残念な気がしましたが、こうして写真で見ると、十分に綺麗で高野口小学校の良さが、より引き立てられているように思います。
楽しい一日でした。
[ 2012/04/26 22:35 ] [ 編集 ]

★vivasanさん

vivasanさんおひさしぶりです。コメントありがとうございます。
私は、小学校、中学校とも入学した年が丁度 木造校舎最後の一学期みたいな感じでした。それも教室は新校舎で職員室だけ木造とか、入学式の時だけ木造の体育館とかで、本当にかすっただけ。
記憶が鮮明なのは中学の時ですけど、あの頃は暗い感じであまり好きじゃなかったですけど、今となるといい思い出です。

スノコは、バタバタと音うるさくなかったですか?(笑)
[ 2012/04/26 22:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2360-471e8f7b