セタシジミ祭 (滋賀県大津市)

 母の病院への道、自転車で瀬田の唐橋を渡っているとなにやらノボリが見えてきました。
ボート部かな? いえいえ 「セタシジミ祭」と書かれています。


12050301.jpg


 自転車を降りて寄り道。



12050302.jpg

12050303.jpg

12050305.jpg


12050304.jpg


 お祭は終盤近くなっていたようでしたが、この日は、参加費1000円で屋形船からのシジミの放流、シジミかき体験、ドラゴンボート乗船体験、おにぎり弁当のシジミ汁、琵琶湖特産品(ふなずし、ヤマメの塩焼き、エビ豆、セタシジミなど)の販売、周辺清掃などがあったようです。



12050306.jpg あ、長いこと、シジミ汁ってべてないよなあ。

12050307.jpg
500円の少量の方を購入。







病院からの帰り、瀬田川から太鼓の音がしてくるなぁ。。と唐橋から見ると、これがドラゴンボートかな?


12050309.jpg

12050310.jpg





12050312.jpg
瀬田の唐橋の塗替はだいぶ進んでいて、こんな感じになっていました。
ん~ 遠目に見ると、「木の橋」って感じに見えないことはないか?







12050308.jpg
シジミ汁は、砂を出し切れないのが難点。あまり頻度が高いと折角の風味も台無しなので二日間水をに漬け、何度も水洗いした後 お味噌汁にしました。

12050311.jpg
ん~~ 懐かしい味。
小さい頃は、毎日のようにべていた気がします。それだけ豊漁で安価だったのでしょう。
さらに昔は「シジミ売り」がおられたそうで、「瀬田しじみ」は有名だったそうです。









「瀬田しじみ」については、「人生の楽園」で放送された事があります。

→ 琵琶湖と生きる新米漁師


関連記事
[ 2012/05/02 18:20 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(2)

広島では蜆といえば島根県宍道湖産のもの、瀬田蜆食べてみたいです。
[ 2012/05/05 18:30 ] [ 編集 ]

★うてきなぷりぱさん

一畑電車に乗りに行ったとき、宍道湖での蜆漁の風景がとても綺麗でした。
たくさん捕れのでしょうね。
セタシジミ実際はもっと北の方で捕っておられるようです。
松江で蜆食べればよかったなぁといまさら思います。
[ 2012/05/05 20:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2366-851a324c