朝の「湯の峰温泉」 (和歌山県田辺市)  【南紀パス】

12050501.jpg

「温泉のお湯で入れた温泉コーヒーっていうのがあるのですが、飲まれますか?」と聞かれて持って来てくださったのがこちら。
特に温泉水という癖もなくおいしく頂きました。ミルクがお皿に入った粉末だったり、市販のクッキーがお茶受だったりするのが素朴で、温泉地の民宿に泊まっているという落ち着きを感じます。


一夜明け明るくなってみると、落ち着いた温泉町の風景が見えました。

12050527.jpg
硫黄の臭いの立ち込む四村川。



12050517.jpg

12050516.jpg

12050518.jpg
その一角で、ゆで玉子を作ることができます。







12050532.jpg

公衆浴場は 熊野曼荼羅三十三箇所礼場第十五番札所「東光寺」の隣です。

12050514.jpg
12050515.jpg



12050507.jpg
12050508.jpg
12050509.jpg
12050510.jpg
12050511.jpg

12050528.jpg
ちょっとした休憩所が朝から営業されてていました。



無人販売所もあります。
12050530.jpg

高台にも民宿があります。
12050526.jpg




熊野古道も近くにあります。
12050505.jpg
12050506.jpg



5分もあれば一周できるでしょう。
コンビニなんてないし、洒落たカフェもレストランもお土産屋さんもありません。
小さな谷間にある小さな温泉。

これこそ 温泉だよなぁ。。
これこそ、日本の風景だなぁと思わせてくれる場所。


12050520.jpg

12050521.jpg


公共交通機関閉ざされてしまっていた時期だったため、「秘湯」のイメージがなお一層濃く、鉄道旅ばかりをしてきた私は、始めて日本の真髄に来たような満足感に浸れました。。。



関連記事
[ 2012/05/04 15:27 ] ---まちあるき--- 和歌山県 | TB(0) | CM(2)

 うどん そば めはり めはりずしはまだ食べたことないです。
[ 2012/05/05 18:36 ] [ 編集 ]

★うてきなぷりぱさん

「めはり」は「めはり寿司」で、高菜の浅漬けの葉でくるんだ弁当用のおにぎり。
私はお漬物が苦手なので、食べられないんですよ。。
でも一口食べてみたらよかったなぁ。
[ 2012/05/05 20:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2368-25c9c536