「瀬田しじみ最中」も。 変わりゆく瀬田の風景 (滋賀県大津市)

 瀬田の唐橋東詰をまっすぐ走ったのは「角安本舗」の「瀬田しじみ最中」を、お使い物にするために購入したかったからです。
寺万商店のすぐ近くだったはず。ん? どこ? こっちに入るんだった? また私の方向音痴が始まった?
いやいや。。そんなはずない。本通に面していたはず。。
自転車で15分、くるくると回りました。
ん~。 狐につままれたような気分。でも「ないものはない」。。 移転したのかもしれないなぁ。
あきらめました。

 家に帰って、検索かけてみました。「角安本舗 移転」「角安本舗 閉店」
ん~ ずはりヒットするものはありませんでしたが、2010年に訪れた人が、「店主が体調崩されているため営業されてなかった」と書かれていました。
 そういや、元お店らしき建物がありました。看板がなくなり、ショーウィンドウもなくなるとわからないものです。 あ~ あそこだったんだろうなぁ。 写真撮ればよかった。
いえいえ。。そんな問題ではありません。
「しじみ最中」が欲しかった。「瀬田」の特徴を打ち出したあの銘菓が欲しかったのに。。
 もう手に入れることができないのでしょうか。
 閉店されてかなりの年月が過ぎてしまったのでしょうか。

 2007年に訪れた時の記事です。
 → 「しじみ最中」

「寺万商店」も、「角安本舗」も。。。
長年続くお店がどんどん消えていってます。
たにし飴の「辻末製菓舗」さんも四代続いたのに後継者がいらっしゃらないそうです。

瀬田の唐橋が、綺麗に塗り替えされても、それに続く町の歴史が消えていく事を残念に思います。




12052901.jpg

同じ通りにある、ヴォーリズ建築の「磯田医院」
この角度からの撮影は始めてです。
過去記事 → 瀬田商店街の建物


正面から見るより、斜め横から見る方がかなり綺麗です。
ヴォーリズ建築の小さなものにしては、デザイン性が高いです。


12052903.jpg

この建物のお隣が半年位前解体されました。
どんな形でお隣とつながっていたのか、断面をこんな風に見るとちよっとさびしいです。


昨日、見るとお隣には何か建つようでした。
12052902.jpg


瀬田の町が変わっていきます。
磯田医院は、どうぞこのままで、この地にいてくださいますように。。。

関連記事
[ 2012/05/27 14:04 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(1) | CM(6)

この辺りに

yumeさん こんばんわ~
この辺りって 石山方面へ行ったときに近くは通りますが、なかなか散策は出来ません(汗)。この辺りって、確か竜宮城みたいな建物があったような気がしますが・・・?違いましたっけ?
建物を見ていると病院っぽくも写真館ぽくも見えます
[ 2012/05/31 19:17 ] [ 編集 ]

★みえはるさん

みえはるさんお忙しいのにコメントありがとうございます。
瀬田の唐橋は旧東海道です。そのまま大津方向へ少しだけ進むとありました。。 竜宮城のような建物。
でも残念ながら2年か3年前かなぁ。。解体されて普通の住宅になったんですよ。
個人住宅ですからねぇ。。どうしようもなかったです。
解体している途中に家の内部も見えて、とても素晴らしかったというお話も聞きました。残念です。。
毎週 唐橋を渡って母の病院へ行っています。
[ 2012/05/31 21:27 ] [ 編集 ]

ありがとうございます

yumeさん、はじめまして。
旧磯田医院の写真を求めてこちらに辿り着いたカイロと申します。

3月6日から、磯田医院の解体が始まり、在りし日の姿を求めてインターネットの海をさ迷っていました。
毎日前を通っていたはずなのに、記憶の薄さに寂しい気持ちが募ります。

さらに角安さんや寺万商店さんのお話や写真もあって、思わず感傷に浸ってしまいました。

変わらないで、と願っても仕方ないとは分かっていてもつい、もうこれ以上は、と思わずにいられません。
良いものをみせていただき、ありがとうございました。

[ 2013/03/08 17:07 ] [ 編集 ]

磯田医院!!

解体にびっくりしました。
今日はもう壁が崩されていました。

木造だったんでしょうか?!
木組みが見えました。

一度中に入ってみたかったですね。
お家の方に見せてくださいと
勇気を出せばよかったと
後悔先に立たずです。
[ 2013/03/09 12:47 ] [ 編集 ]

★カイロさん

カイロさんはじめまして。コメントありがとうございます。
磯田医院さん 3/6から解体がはじまったのですか。。。。。。。。
少し前に お隣の家がなくなって側面が見えるようになったのはいいけど。。 もしや。。とは思っていましたがやはり。。。。。  なんという寂しい事でしょう。
唐橋を渡ってすぐのあの赤い屋根の洋館は心和ませてくれていたのに。 どうしましょ。

角安さんも いつの間にか御商売やめておられて お店をみつけられずに ぐるぐる回りました。

少し前に唐橋を渡って石山に向かう途中の左手にあった竜宮城のようなお宅もなくなってしまいました。

旧東海道沿の風情ある建物がどんどん消えていきます。
[ 2013/03/09 21:39 ] [ 編集 ]

★けけさん

う~ん。。 木組みが見えたのですか。 なんとも無残なかわいそうな姿。
あそこにはお住いされていた人がおられたのでしょうか? どなたもおられないのかと思っていました。

唐橋東の竜宮城のようなお宅も、友達の知り合いだったので、中を見せて頂いたら良かったと、あとで後悔しました。
[ 2013/03/09 22:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2395-ba3a4703


-

管理人の承認後に表示されます
[2012/05/27 17:19] URL