カトリック桂教会 (京都府京都市)

 今月の「関西 洋風建築めぐり」は、阪急電車桂駅から徒歩5分の所にある「カトリック桂教会」

閑静な住宅街の中にある公園のような場所に突如として現れる奇抜な形の建物。
「万博のソ連館みたい」なんて思ってしまうのは年齢のせい?

12060313.jpg

円形の洗礼室から続く、天に向かって伸びる三角形の屋根。しかも、それはうねっていてシェル構造になっています。

残念ながら曇天の中、建物がうまく浮かびあがりません。

1965年(昭和40年)完成。 ジョージ・ナカシマ設計

ジョージ・ナカシマは、家具デザイナーとして有名なお方で、この桂カトリック教会は唯一の建築作品。

なるほど、デザイナーらしさが随所に表れています。





12060301.jpg

12060302.jpg

扉を開ければ、神聖なる礼拝堂。建物の形もそのまま感じられます。

12060312.jpg
正面のステンドグラス。
以前はここが障子であったそうです。






12060322.jpg
ジョージ・ナカジマの設計した椅子、そして丸窓には障子。
ステンドグラスに変えられた正面の障子とともに、「和風」の雰囲気漂う礼拝堂でったのでしょう。

12060304.jpg

12060305.jpg

12060303.jpg

12060324.jpg





円筒型の洗礼室
12060321.jpg

12060320.jpg

12060316.jpg

12060315.jpg

12060318.jpg




折角デザイン性豊かな建物なのに、全景を捉えにくいのが残念、近くに高い建物もなく見下ろすことも出来ないから、模型がわかりやすい。
12060310.jpg

12060309.jpg

12060308.jpg
田園地帯の真ん中にあったら綺麗だっただろうなぁ。




祭壇の後ろが障子だった頃の写真です。
12060306.jpg



屋根の尖端部分。
12060323_20120611114131.jpg

12060325.jpg

コンクリート打ちっ放しの大胆なデザインの教会が、桂離宮の近くに存在している。。
これもまた京都らしさであるなぁ。。と 一時京都に惚れ込んで歩き回った私は思いました。








12060319.jpg


関連記事
[ 2012/06/11 11:53 ] ---まちあるき--- 京都府 | TB(3) | CM(8)

土曜日はお疲れさまでした~
建物だけでなく内装もいろいろと楽しめておもしろい
教会でしたね。
丸窓の障子は閉めても開放感があって不思議な感じでした。
ほんとに全景が分かりにくかったので模型が見れてよかったです~
[ 2012/06/11 23:19 ] [ 編集 ]

面白い建築ですね

教会で窓が障子というのは面白いですね。私も教会の建物そのものが好きで、たまに見に行ったり調べたりしていますが、こういった教会があったとは知らなかったです。
愛知の犬山にある明治村には、かつて京都にあった教会が2つ移築されていますが、こちらもとても好きな建物です。
[ 2012/06/12 01:49 ] [ 編集 ]

★mayumamaさん

いつもご一緒して頂いてありがとうございます。
ちょっと奇抜な建物でしたね。折角なんだから、もっと開放的な広い所に建っていたらよかったのにね。。
[ 2012/06/12 21:23 ] [ 編集 ]

★れおさま

教会建築は、やはり神聖な感じが漂っていて、見ていても心が洗われますね。
私もたくさん教会を見てきましたが、こういう形の教会は始めてでしたし、畳敷きはあれど、「障子」というのは始めてでした。
[ 2012/06/12 21:34 ] [ 編集 ]

万博の

ソ連館の画像みました~。確かに天を突くようなデザインですね。
この時代流行ったんでしょうかね。


洗礼室、夏は暑いでしょうね!温室みたいになりそう~
[ 2012/06/13 22:10 ] [ 編集 ]

★ぷにょさん

桂教会を最初に見たとき、すぐにソ連館が浮かびました。「万博のパビリオンみたい」というのが最初の感想です。
教会らしくない建築で、それもまた面白いですね。
サウナのような洗礼室で洗礼を受けるがまた、ありがたいのかもしれませんね。。(笑)
[ 2012/06/14 20:42 ] [ 編集 ]

ソ連館、わかりますう

先週はお疲れさまでした。
私は今朝、やっとアップしたところです。
で、詳細内容の説明はyumeさん・ぷにょさん・mayumamaさんのブログ参照とさせて頂きましたので、ヨロシク~(笑)。

外観・内装ともにユニークな建物でしたね。
ソ連館、わかりますよー。
万博は7~8回行ったはずで、ソ連館は仲の良い友達(&そのお父さん)と行ったときに一番最初に目指したパビリオンでした。
建物もなかなか立派でしたが、宇宙船の展示などもアメリカ館よりもはるかに良かったという記憶があります。
[ 2012/06/16 16:58 ] [ 編集 ]

★ひろ009さん

ひろさんコメントありがとうございます。
私も何も説明をつけていないので、とてもみなさんのお手伝いはできていないのですが。。(笑)

おぅ。。同世代ですねぇ。。 川島先生の方から「ソ連館」のお話は出ませんでしたがイメージは似ていますよね。
万博は学校から一回。家から二回行きましたが、目玉?のソ連館、アメリカ館、日本館は入ってないのですよ。あの行列を両親はいやがりました。
では、一体三度も何を見たのでしょうね? 東南アジアの小さなパビリオンはたくさん見ました。

印象に残っているのは日本の、リコー館です。
[ 2012/06/16 21:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2408-53ed8ea5


-

管理人の承認後に表示されます
[2012/06/11 12:19] URL

カトリック桂教会

今月の建築講座でカトリック桂教会へ訪れてきた。 1965年に完成したカトリック桂教会は家具デザイナーで有名なジョージ・ナカシマの唯一の建築作品だそう。 円形の洗礼堂とエント
[2012/06/11 23:22] URL m's diary

カトリック桂教会

今月の建築巡り講座はカトリック桂教会。 阪急桂駅は仕事で何度か下りたことがあり、いい感じの住宅街やお風呂屋があったりと 興味を惹かれてはいたのだが、こんな教会があったとは
[2012/06/18 23:40] URL まちかど逍遥