京津線開業100周年記念ウォーク 山科~三条 (京都市)

 続きの記事を書こうと思っていろいろ調べているうちにすっかり回想モードになり、YouTubeを辿ったり京津線関連記事を辿ったりと、すっかり記事が遅くなりました。



 「京津線100周年記念ウォーク」は山科駅から廃線区間を離れ迂回して大回りに歩きました。
丁度「旧御陵(みささぎ)駅」の位置で廃線区間に合流



「御陵(みささぎ)駅」

12060604.jpg
一段高くなっている所がホーム跡。人が立っている所が線路跡

12060605.jpg

廃線区間ではっきりと確認できる場所はここだけでしょう。


文字色12060602.jpg

12060603.jpg

12060617.jpg

ここで下車した事はなかったと思いますが、三条から帰ってきて御陵駅に着くと、「ああここから普通に走るんだなぁ」とほっとしたものです。
この先は一部区間をのぞいて併用軌道となります。







「日ノ岡駅」

12060622.jpg


12060606.jpg
歩道部分が線路だったのだろうと思います。







「車石の広場」は京津線の敷道跡を利用して車道四車線化、歩道の整備事業が施された記念に作られました。
12060609.jpg

12060608.jpg






「九条山駅」

12060607.jpg
このあたりでは両脇に山が迫り、電車も一生懸命坂を登っているひたむきさが感じられ、子供の頃は暗くってあまり好きでない区間でした。
今思えば、京津線の中で一番標高の高い位置にある駅でしたから、峠越区間なのでした。








「蹴上駅」

12060619.jpg
 京都に向かって左手にまぁるい池のようなものがいっぱい見えていたのは蹴上浄水場、そのカーブを過ぎて、煉瓦の屋根が見えてきたら動物園へ行く駅。。

12060610.jpg
道幅は広くなったけれど、第二蹴上発電所の煉瓦積の建物がそのままなので当時をイメージする事ができます。






12060612.jpg
京都に向かって、右手に大きな赤い鳥居を見つけるのも、子供の頃の楽しみでした。







「東山三条駅」

12060620.jpg
ここまで来ると、完全に路面電車の様相。
京都会館であった小田和正さんのコンサートの後、雪の中この電停で電車を待ったのは記憶に新しいのですが、既に廃線間近だったのだろうと思います。

12060613.jpg
京都市電と交差していたそうですが、記憶にないのが残念。
このあたりからは非常に交通量が多く、なかなか電車が動かなかった事の方が印象に強いのです。




12060614.jpg
電車から見える「滋賀銀行」 当時は青字で「滋賀銀行」と書かれていたと思いますが、京都に来て、「滋賀銀行」が見えることが嬉しかったものです。







「三条駅」

12060615.jpg
この写真から懐かしさを感じる事ができないのは、記憶より古い写真だからでしょうか? それとも先を急ぐあまり駅を見ていなかったか、全景を捉えにくい配置であったか。。
三条駅で浮かぶのは、行止まりのホーム。
本線への乗換の通路。「この先はあんな長い電車が走っているだぁ。。」という憧れ。。






12060616.jpg
ここで今日のウォークは終わり。小雨交じりの天候の中、トップの熟年ウォーカーさんについて歩くのは本当に大変。自分の体力のなさを思い知りました。



京津線の地上線最終営業日は1997年10月11日。
 今の私なら、それまでの変化を見届けるために足繁く通い、写真を撮っていたでしょうに、「気がついたら地下鉄に乗り入れていた」と言うのは子育て真っ最中だったからでもあります。


 両親に京都という都会を連れてってもらって日常とは違う楽しみに期待をはずませ乗った京津線、遊び疲れぐったりして乗っていた京津線。
山科~三条は、道路幅が広がり、そこに電車が走っていた事などわからないような景色にはなっていましたが、面影感じるには十分でした。

 





たけひろさんが、1997年の画像と対比させながら、丁寧に記事を書かれていますので、詳しくご覧になりたいかたは、是非どうぞ。。
→ 京阪京津線開業100周年記念ウォーク その1 浜大津から大谷へ">京阪京津線開業100周年記念ウォーク その1 浜大津から大谷へ
→ 京阪京津線開業100周年記念ウォーク その2 大谷から京阪山科まで">京阪京津線開業100周年記念ウォーク その2 大谷から京阪山科まで
→ 京阪京津線開業100周年記念ウォーク その3 山科から三条へ">京阪京津線開業100周年記念ウォーク その3 山科から三条へ

関連記事

こんな面白いイベントやってたんですね!
私も数か月前、御陵~三条の間を
JOGしていたついでに鉄道の遺構を
探していたのですが、これといったものは
みつけられませんでした。
まあ街中なので仕方がないのかもしれませんが・・
蹴上の浄水場のつつじがたくさん咲いている前を
電車が走っている光景は今でも覚えております。
[ 2012/06/19 08:49 ] [ 編集 ]

★タケヘイさん

コメントありがとうございます。
気をつけてみると、少しは遺構があるらしいですが、目だったものはないですね。
線路跡は、道路となり、ゆったりと車が走るようになり、当時の雰囲気が描きにくくなりましたね。

タケヘイさんは自転車でどこまでも行けるのでうらやましいです。
[ 2012/06/19 21:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2411-3a3ad363


-

管理人の承認後に表示されます
[2012/06/20 00:46] URL