西本願寺伝道院 (京都府京都市)

 2年半しか使用していない「CANON PowerShotS90」がレンズが収まらないという不具合で全く動かなくなり修理に出せば1万円。新しいカメラを買おうか修理か迷いながら、その前に使っていた 「CANON IXY900is」がなんとか使えるので騙し騙し使っていたら今度は自分の不注意で水没(水筒と一緒にバックに入れていたら水筒の蓋がきちんとしまってなくてこぼれてカメラが濡れた) その翌々日 ブログ友達のぷにょさんと京都で会うことになっていて、携帯電話のカメラだけを撮影機器として出かけたのでした。


 久しぶりの京都歩き、近代建築に興味を持つようになってからは、殆ど歩いていないので、ましてや近代建築友達のぷにょさんと一緒となると新しい魅力をいっぱい発見。。
あの時のように「○○通歩き」を今度は視点を変えて再開すれば楽しいかもしれないなあと。。思いました。


 「西本願寺伝道院」
京都歩きをはじめた1~2年は姿が見えていましたが、意識して伝道院を見ようとした頃にはシートにくるまれていて、それはずっと長く続いていました。

 そして今回、ふらふらぶらぶらと歩いていて 「あっ!! 見えた!!」

12062002.jpg


 仏具屋さんが建ち並ぶ向こうに見える、煉瓦の塔。
まるでビルマ?シンガポールの建物のよう。


12062001.jpg

12062003.jpg



12062005.jpg

12062006.jpg



西本願寺 伝道院は、真宗信徒生命保険株式会社の社屋として、1912年(明治45年)に東京帝国大学教授伊東忠太の設計により建築されました。
明治の時代にお寺の社屋に、このような建物とは驚きであったことでしょう。
このような建物となった背景をもう少し勉強できたらなぁと思います。





携帯でしか写せなかったのが残念でしたが携帯でも画像そのものは結構それなりに撮れるものだと知りました。
ただ、モニターが小さいので何を写しているか確認できないのと、トリミングの乱用をしてしまう私ですら携帯の縦横比は違和感があります。設定は出来るのでしょうが、ずっと携帯だけで写真を撮るつもりはないからいいかな。

関連記事
[ 2012/06/29 19:06 ] ---まちあるき--- 京都府 | TB(1) | CM(4)

カメラ購入

前回、駅前でレンタル自転車を借りて ふらふら走り回っていたら
この建物の横にたどり着きました。
自宅に帰って調べたら 「西本願寺伝道院」とわかりました
中には入れない状態でした
昨日、アマゾンでリコーのカメラを購入しました
リコー社のカメラは一度も使ったことがないので
どんな写真が撮れるかワクワクしてます
[ 2012/07/01 07:48 ] [ 編集 ]

★みえはるさん

コメントありがとうございます。
この西本願寺伝道院は、随分長い間、覆いがありました。かれこれ10年? そのわりに煌びやかになったわけでなく、自然な感じに補修?それているのは嬉しいことです。
内部は、稀にシンポジウムがある時に入れたりする程度です。 私も記事を書くために調べて気付いたときには時既に遅しでした。 残念です。

リコーのカメラというと、なんだかマニアックな感があるのですが、だからこそいい写真が撮れそうで これからのみえはるさんのブログが楽しみです。
[ 2012/07/02 11:23 ] [ 編集 ]

伝道院

こんばんは。

伝道院が甦りましたね。

私はまず実物ではなく、大阪くらしの今昔館で開催されている「東洋+西洋=伊東忠太―よみがえった西本願寺・伝道院―」展に行ってきました(~7/8)。こちらもなかなか良かったですよ。

伝道院は大昔に1、2度外観写真を撮っただけだと思うので、実物の方も久々に見にいかねば!
[ 2012/07/05 23:38 ] [ 編集 ]

★ひろ009さん

くらしの今昔館での展示や企画については最近知りました。なかなか都合がつきにくいので行けそうになく残念です。
内部見学の機会もあったのにチェック不足でした。

伝道院は本当に長い間覆いがかかっていて、近代建築に興味を持ち出した頃にはもう見られなかったような気がします。
京都の仏具屋さんが並ぶ中の煉瓦建築。なかなかいいものです。
[ 2012/07/06 22:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2424-780c6b02


-

管理人の承認後に表示されます
[2012/06/30 06:53] URL