東山道をめぐる攻防の地を訪ねて  「柏原宿歴史館」 (滋賀県米原市)

東山道をめぐる攻防の地を訪ねて

【柏原宿歴史館】


12072001.jpg
柏原宿は中山道60番目の宿場で、もぐさが特産品で、最盛時には10軒以上の艾屋があったそうです。




12072002.jpg
伊吹もぐさ亀屋佐京商店の分家である松浦良平氏の住居として大正10年建てられた建物が、「柏原宿歴史館」です。

12072006.jpg

玄関と、その奥の間だけは少し改装されていますが、住居部分は全く手を加えられていないのに100年近くたった今も、堂々としっかりした構えのままです。


12072010.jpg
縁側(廊下)の杉板は9メートル。

12072009.jpg
縁側の上には丸桁が使われています。


12072004.jpg


12072007.jpg
硝子も当時のもので、凸凹があったりするのですが、とても固く強固な感じがしていました。



12072008.jpg


12072005.jpg
畳はイ草の良いところだけを使って、中央で継いであります。畳の中央が黒くなっています。
一般人の感覚では、全面同じ色の方がいい畳のように思いますが、中央が黒くなっている畳が「いいもの」だと言う事はこちらではじめて知りました。




12072011.jpg

12072012.jpg

12072013.jpg

12072014.jpg
亀屋佐京商店で忠信を尽くした番頭福助さんは、福助人形のモデルとなったといわれ二階には「福助さんの間」がありました。


また、皇女和宮様が、将軍家茂との結婚のため江戸に向かう途中、柏原宿に宿泊されたそうで、そのとき宿泊したご一行の人数は、4,144人、使った米は1,500俵と伝えられています。そのための準備や当日の装備は大がかりなものでした。人足1万6千人うち馬士千人、馬千匹、薪4千5百束、わらじ千足などを準備したという記録があり、その時の様子も展示されていました。




公式HP   「柏原宿歴史館」
滋賀県観光情報  【柏原宿歴史館】


所在地   滋賀県米原市柏原2101番地
アクセス  公共交通機関  JR東海道本線「柏原駅」下車 徒歩 10 分
      車       名神高速道路関ヶ原ICから10分
              北陸自動車道米原ICから10分   
      駐車場     普通車15台
      その他     お車でお越しの場合は、B&G海洋センター駐車場へお停めください。
料金    大人300円(250円)
      小人100円( 50円)
      ※( )内は、20名以上の団体料金
営業時間  午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

定休日等  月曜日(祝日の場合は翌日)
      祝日の翌日(祝日が土・日曜日の場合は火曜日)
      年末年始(12月27日~1月5日)
お問合せ  柏原宿歴史館
      TEL:0749-57-8020
      FAX:0749-57-8020

関連記事
[ 2012/07/25 20:22 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2451-f4114582