木曽殿の最後の地・膳所を訪ねて 「膳所城まとめ」 (滋賀県大津市)

 「膳所」=「ぜぜ」は難読地名のひとつだそうですが、「ぜぜ」は漢字を知る前から耳慣れた地名。
それほどの地元に住みながらも、「膳所公園のところにお城があったらしい」そんな程度の認識しかなく今まで生きてきました。

 今回の「ブロガーによる歴史探訪情報発信」に、参加させて頂いたおかげで 膳所城について多くを知ることが出来ました。
 北惣門跡、大手門跡、勢田口門跡、徒歩範囲ではあるものの、どれほど大きなお城であったかこれは、それぞれ歩いてまわって頂ければ感じることが出来ると思います。

「膳所城」
関が原の戦いに勝利した徳川家康が、昔から「瀬田の唐橋を征するものは天下を征する」と言われた瀬田の唐橋に近い膳所の地に城造りの名手と言われた藤堂高虎に造らせたもの。
明治3年(1870年)新政府の早期実現を望む藩士達により、廃城の太政官布告が出された翌日よ建物の解体・移築が行われた。

 しかし、膳所城や関連建造物の「門」は廃棄される事なく、神社等に移築されたおかげで今もあちらこちらに残されているのです。



膳所神社 = 本丸大手門 城門

若宮八幡宮表門 = 本丸の犬走門 
響忍寺表門 = 藩家老村松八郎右衛門の屋敷門
和田神社表門 = 藩校遵義堂表門



 残念ながら、膳所城の姿はありませんが、膳所城跡公園があり、各門跡の碑が建ち、移築門が城下町に数多く残されているのに、地元民ですら知っている人は少ないでしょう。。
 このような歴史ある地をもっとみなさんに知って頂くためには、わかりやすいパンフレットや、ルートマップの作成、勿論PR活動も大事です。そして道路のカラー舗装。説明盤の統一化、整備等をしていく事が大事ではないかと。。。 生意気に思ってみたりしました。。



 また大津歴史博物館には、膳所城の模型が展示されています。
大津歴史博物館 【膳所六万石】




関連記事
[ 2012/08/11 21:45 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2469-96faa47a