FC2ブログ







JR九州 吉都線 「京町温泉駅」 (宮崎県えぴの市)

 2009年12月に途中まで作成していて未アップになっていた記事の続きです。
なんで今更?という感じですが、約3年後の今に、旅を振り返るのも、また懐かしく楽しい事です。

肥薩線から吉都線。南九州の山間部。
「京町温泉駅」

12090209.jpg


迎えてくれるのは「田の神さま」 = 「たのかんさぁ」
時の如く、田圃の神様。

京町温泉駅の五つ先の小林駅に住む主人の両親は、訪れた私に「たのかんさぁを みっくるといいよ」=「田の神様を見てきたら」と言ってくれたものです。
その「田の神さま」は確か、きちんとしたお堂に入ってらしたと思います。
その土地に密着した神様です。
→ 「田の神さぁってなに?」



12090217.jpg


12090210.jpg

12090211.jpg


12090215.jpg


12090213.jpg

昭和37年(1962年)建築の、駅舎はごくありふれた田舎の駅だけど、その「ありふれた」感じが庶民的でいい。


そしてここは、駅名のとおり「京町温泉」の最寄り駅。





12090204.jpg
「京町銀天街」
農繁期を終えた人々の、温泉は一番の楽しみだったに違いありません。

12090201.jpg

12090202.jpg

12090203.jpg


12090205.jpg

「京町に遊びに行こかい」 主人の両親も親戚もそんな事をよく言っていました。





12090208.jpg

12090207.jpg

12090206.jpg

ふらっと立ち寄った喫茶店では「おみかんでもどうぞ。。。」と。。。






12090216.jpg





関連記事

なんかのんびりしている感じでいいですね
人も温かみがあり穏やかそうです
せこせこした日々からタイムスリップ
[ 2012/09/26 22:01 ] [ 編集 ]

★みえはるさん

主人の実家の近くです。

のんびりしてますよ。
約束の時間なんて、あってないようなもの。。 主人の実家で新年会をお昼からする時でも朝の8時位から来る人やら、夕方になってから来る人やら。。「日向時間」って言うんですって。驚きです。

「のんだくれ」の家人を迎えに来た人が、2時間3時間一緒に「また呑む」なんて事もたびたび。。
のんびりしていると言うか。。マイペースと言うか。。
結婚した当初はカルチャーショックでした。。
[ 2012/09/26 22:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2496-52ab1d7a