山陰本線 「和田山駅-煉瓦車庫と給水塔」 (兵庫県朝来市) 

<山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー>



 山陰本線といえば、ローカル線でいつも乗客が少ないようなイメージがありますが、京都発着の電車は意外に通勤通学としての機能が強く、混雑していて特に通勤時間帯は座る事もできないような状態。
そんな電車も福知山でやっと、四人掛のボックスに一人、という私の好きなローカル列車の雰囲気に変わります。

山陰ジオパークエリア内の「和田山駅」は山陰本線と播但線の接続駅。
ここでの楽しみは煉瓦車庫。

1912年(明治45年)建築。
12100401.jpg

奥に見える「JR」の青文字の塔は、給水塔。

ともに、蒸気機関車全盛期には大活躍だったのですが、今では線路も撤去され空地にポツンと佇んでいます。


1991年(平成3年)からは倉庫として利用されているとの事ですが、う~んどうでしょう?

12100404.jpg

12100402.jpg
屋根がありませんもの。

現存する車庫は僅かとなり、今年の夏 糸魚川車庫が消えてしまった状態を目の当たりにしてしまったので、なんとか 今度来るときまでも残っていて願います。
過去記事 → 北陸本線 黒部駅~糸魚川駅 -2012夏の青春18切符は乗鉄で- (富山県 新潟県)">北陸本線 黒部駅~糸魚川駅 -2012夏の青春18切符は乗鉄で- (富山県 新潟県)

12100403.jpg
ホームは、風情ある様子が残っていますが、駅舎そのものは1943年(昭和18年)に消失、1976年(昭和51年)に現駅舎に改築されているので、比較的新しい外観の駅舎です。












12100405.jpg

この先、さらに日本海、山陰の町へと進みます。




★ 山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー INDEX ★
関連記事

久しぶりにブログを見せてもらったら、山陰線・肥薩線。
山陰線は墓参りに福知山までしか乗らんからなぁ。
母の田舎が福知山の次の駅の上川口駅なんです。
昔は福知山からも普通電車が結構あったけど、今は少ないのでタクシーです。

肥薩線も何回も乗ってるけど、何回も乗りたいですね。
関西パスとか九州トクトクきっぷとかが無くなったのでさびしいです。
[ 2012/10/22 18:24 ] [ 編集 ]

★らいん屋おやじさま。

ライン屋親父さま、お久しぶりです。コメントありがとうございます。
親父さんのブログはいつもチェックさせて貰っています♪

福知山は都会で、それまでの景色とガラッと変わるので都会だなぁと思います。乗換のために下車する事は多いのですが、駅の外に出ることはないんですよ。

肥薩線はJR九州の目玉ですね。いい意味で上手に営業されているのなぁと思います。 JR九州は車両も楽しいし、駅員さんも親切ですし、好感持てます。

今、京都・大阪・神戸から山陰までの往復特急券と山陰地方での4日間乗り放題で1万円という超お得な切符があるのですが、二人以上での利用が条件です。 さらに私の場合11月以降は忙しくなるので。。今回も見送ってしまうのかなあと残念に思っています。
[ 2012/10/23 19:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2500-423aca51