山陰本線 「東浜駅」 (鳥取県岩美町)

<山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー>



【- 鎧駅 - 餘部駅 - 久谷駅 - 浜坂駅 - 諸寄駅 - 居組駅 - 東浜駅 - 岩美駅 -】


駅名の如く、鳥取県の東端の駅。此処から鳥取県です。
「関西地方」と「中国地方」。やはり異国の感があり、心高鳴ります。



12111501.jpg

鳥取県東端最初の駅はこじんまりと。。


12111509.jpg

でも目の前には海への一本道。



12111508.jpg
この駅名標はきっと開設当初のもの。




東浜駅は1950年(昭和25年)開業です。
12111503.jpg

12111502_20121031132620.jpg
裏側には、設置のいきさつが書かれています。
陸の孤島であった、この地方の人々の駅の開業は悲願であり、その苦労。そして無人駅となってしまった無念さ。。 
この小さな駅にも多くの物語がある事を感じずにはいられません。



12111507.jpg

12111511.jpg

長いホームと、貨物ホーム跡が全盛期を感じさせてくれます。






12111506.jpg

12111504.jpg

12111505.jpg

12111510.jpg

 今まで、いくつもの無人駅で下車した事あるけれど、「乗車駅証明書発行機」を見るのは始めてのような気がするけど、いつもはフリー切符だから気にしていないのかもしれません。
 このあたりで主流のワンマンカーには、電車に整理券発行機がついているから、不要なような気がするのですが、発行してみました。



★ 山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー INDEX ★

関連記事
[ 2012/11/17 13:02 ] ---まちあるき--- 鳥取県 | TB(0) | CM(2)

駅の一つ一つに様々な物語があるんですね。
駅の碑の裏側の文章を読んで
なんだか泣きそうになりましたわ。
私もローカル線の駅の一つ一つを降りて
散策する旅をしてみたいです。
今後の物語も楽しみにしております。。
[ 2012/11/17 18:27 ] [ 編集 ]

★タケヘイさん

タケヘイさん、いつも丁寧に見て頂いてありがとうございます。
餘部駅の建設物語も胸を打つものがあります。
ひとつの駅をつくるための人々のご苦労。。経緯。。
どこでも、人々は一生懸命生きているのだなぁと改めて感じました。
[ 2012/11/20 22:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2526-6341cdd3