よい お年を おむかえください。。。

 「ピュ~と開ける小豆の缶詰ない?」と年配の女性のお客様に尋ねられました。
この手の質問にはもう慣れました。 リングプルで開けられる缶詰の事だなぁ、、多分。
「あ、どうでしょう?」と小豆の缶詰をいくつかひっくり返して「あー 全部缶切りで開けないといけませんねぇ。」。。。。。。「あ、そうでしたら袋のアンコはいかがですか?」と ご案内して、「これだったらハサミで切ったら開けられますよ」と。。。 
 「あー これいいな」と年配の女性は納得してお買物籠に入れられました。

 質問された時に、この方は缶詰を開ける事が難儀なんだ、と判断し、何かいい方法がないかと考えてご案内する。
これは、勿論「仕事」ですし、いつも言われている「最高のおもてなし」の一環かもしれません。
でも、私がその時、何を思って女性の立場に立ってご案内しようとしたか、それは「父母、舅姑」とつながったからです。年を重ね、少しの事に不自由を感じるようになり、困ってしまう。。 かわいそうで気の毒でならない気持ちが自分の中に響くから、心から一番いい商品を見つけてあげたいと思うのです。


 
「この ハイボールって辛いの? これ飲んではったと思うんやけどなぁ。これこうて飲まはるやろか」
「今日 嫁さんの誕生日やさかいな、これ24本にしようかなぁ」。。。と 質問は 初老の女性。
「あー でも24本。。お好みでなかったら勿体ないですしねぇ。。 いろいろ混ぜて見られたらいかがです?」
私の仕事はアドバイザーでも販売士でもありませんが、売場で仕事をしていて こういう質問、相談をされると、つい情が入ります。 <折角のお姑さんの好意を、お嫁さんに出来るだけあたたかく通じるようにしてあげたい>
年末の忙しい最中、事務的に応対すればいいかもしれないけれど。。

 あの日、お嫁さんは喜んでくれたかなぁ?。。

 



 ここ数年で私の周りの環境は随分変わりました。
 環境の変化の中で、いろんな人気持ちがわかるようになった気がします。


 10年は ひと昔。
 この先10年に対しては、不安の方が多いのが正直なところ。

 それでも、こうして1年の終わりを無事に迎えられる事に感謝です。。


 みなさん、今年一年ありがとうございました。。

 よいお年をお迎えくださいませ。。


関連記事
[ 2012/12/31 19:00 ] ご挨拶 | TB(0) | CM(4)

やっぱり蕎麦打ちでした

ブログで今年最後に会えました、ホント懐かしい思い出がいっぱいです。

 忙し中、昨日そばをうってさっき食べました。
年末になんでそばを食べるんでしょうね。年忘れのためでしょうね。

 
[ 2012/12/31 22:23 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

ご自分で打たれた蕎麦で年越しなんていいですね。ご家族も幸せで羨ましいです。
何年か前、主人が思いつきで突然スーパーでそば粉を買って蕎麦を打ってくれた事がありました。
味? どうだったかなぁ?

主人の実家は宮崎なんですが、義母は毎年 蕎麦を打ってました。 大晦日だから打つ。。という感覚ではなく「蕎麦は家で打つもの」という感覚だと思います。10キロ20キロ位の大きな茶色の袋にそば粉が入っていて ダイニングテーブルの上で打ってましたねぇ。
「どら 蕎麦を打たんなら」

つなぎがないのでしょうか? プツプツ切れて短い蕎麦ばかりでした。粘りがなくさらっとしてました。
それでも私は おいしかったのですが、子供の時から食べてきた主人は「かあちゃんの作る蕎麦は美味しくない」と食べませんでした。

お正月に帰省しなくなって何年? 仕事を始めて休みが取れなくなってからですから15年以上です。
また義母の作った蕎麦を食べたくなりました。
[ 2013/01/07 11:33 ] [ 編集 ]

生粉打ち

 蕎麦だけで打つのを生粉打ちといいます。
これはむつかしいのですが、そば粉を石臼で引けばなんとかなります。

 私は100%のそば粉でかなりうっています。でもそばにしたときにかなんわという人もおります。

 でもい味のそばです。北海道と福井、滋賀の3種類をうてます。

 生粉打ちしてから3年目になりますわ。
[ 2013/01/07 16:55 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

北海道 福井 滋賀の蕎麦はそれぞれ打ち方も味も違うのですね。食べ比べしてみたいものです。

夏の日に訪れた出雲で食べた蕎麦、おいしかったです。

蕎麦の本来の食べ方は、かけそばではなく、つけ。。なんですよね? 聞いたことあります。
そばがきも美味しいですよね。

主人の母は、そば粉と卵だけで打っていたような感じでした。
[ 2013/01/07 17:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2547-cdeb76ca