FC2ブログ







「大津駅西第一土地区画整理事業」  (滋賀県)


13020603.jpg


13020604.jpg


 この貼紙がある「なかむら書房」さんは、画像、白い車の停まっている後ろの建物。
「駅前通の小さな本屋さん」として頑張っていた頃は、見えなかったであろう建物側面が剥きだしになってしまってかわいそう。。 普通の民家を看板建築にして本屋さんしておられたのですね。。

 本屋さんの真横に何があったのかは思い出せないのですが、少し手前には大きなパチンコ屋さんがありました。
おとうさん達が電車に乗って仕事に行っていた時代、帰りにちょっとパチンコなんぞしてから家路に着いていた。。
ちょっと駅前の本屋さんで立ち読みしてから帰っていた。。
そんな昭和の風景が、思い出せないくらいに大津駅前の西側も変わろうとしています。



13020602.jpg

 「閉店」ではなく「休業」である事に望みを持ちたい。。

 休業されて 間もない日、たまたま なかむら書房さんの前を通ったら、硝子戸の向こうで本の整理をされていました。。


 その半月後、シャッターが降りていました。。



関連記事
[ 2013/02/23 18:28 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(4)

福山さんの絵

 この本屋さんは福山さんが朝日新聞に書いた本屋さんですね。
 もう本屋は続けないと書いていましたね。新しいビルの場所をもらっても。続けられないんでしょうね。

 古い本屋でしたね。わたしも1回だけ買ったことがあります。
[ 2013/02/23 22:02 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

福山聖子さんの絵・文字。。 見事にすべてを描写・表現してありましたね。
私の中の もやもやした表現しきれない気持ちをきれいに代弁してくださっているようで 気持ちすぅ~としたものです。。

福山さんのおっしゃるように、地元関連の本が、たくさん並んでいました。。 硝子越にそのタイトルを見るのが楽しかった。。  
私も一度位買った事、あるかなぁ。。
[ 2013/02/23 22:21 ] [ 編集 ]

No title

昨今は大型書店ですら危機感を募らせています。アマゾンをはじめとするネット販売、電子書籍。私の近所にはもう個人経営の書店はなくなりました。大型書店に行っても品揃えが中途半端でもっぱら図書館を利用してます。

 日本の書籍文化は10年後どなっているのでしょうか。電子新聞 電子雑誌、、紙のぬくもりはどうにか残してほしいです。

だからというわけではないですが、毎日手書きする習慣を心掛けてます。
[ 2013/02/24 18:13 ] [ 編集 ]

★うてきなぷりぱさん

「紙のぬくもり」
紙のぬくもりって大事だと思います。木のぬくもりと同じです。

自分自身を振り返っても、ネットの普及でまず「書籍」を購入する事が少なくなりました。ネットで調べたらいいわ。。です。
以前なら本を買って調べた、パンフレットを取り寄せて調べた。

ネットで調べた情報はいくらパソコンに保存しても、自分より遠いところにあるような気がするんです。
でも ノートに書いたり本を買ったりすると 近い。自分の手元にある。
これって 機械と紙の近いでしょう。 これって「紙のぬくもり」ですね。

電子書籍はいやだなぁ。。

ネットだと欲しい本が、早いと翌日には届きます。 以前は本屋さんに頼んで一週間待ちました。。
便利になりました。 でもその過程にもぬくもりを感じない。。

なんて言いながら、アマゾン利用者です。
[ 2013/02/24 22:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2580-4c64ab60