懐かしい 「赤と黄色の電車」が大津の町を走る~

 京阪電車石坂線を走っている電車、今はラッピング電車 塗装電車。そして 緑と黄緑の電車。
いつの頃からだったでしょう。ラッピング電車がたくさん走るようになる前から、緑と黄緑電車だけになりました。
 でも私の、少し前の記憶は違います。「赤と黄色の電車」でした。
おばあちゃんに行く時に乗る電車も、母と買物、銭湯に行く時、踏切の向こうを通り過ぎる電車は「赤と黄色」でした。。
 緑と黄緑が走るようになった頃、その電車は新型でした。。 そう 切り替えられて行ったんのですね。


 その「赤と黄色の電車」が再び、「大津線開業100周年キャンペーン」の一環として大津の町を走っています。


13021701.jpg




 これですよ。。これ。。 車輌は新しいけれど、この色。この色こそが おばあちゃんちへの心弾む思いと一緒に走っていた色です。。

13021703.jpg

 やっぱりこの色が落ち着きます。

「塗色は、マンダリンオレンジとカーマインレット」ということですが。。そんなじゃない「赤と黄色」です。


13021704.jpg

こういう感じで、混在していた時期もありました。。
なんとも懐かしい風景です。


こちらに、古い型の画像があります。
→ 「石山坂本線で京阪本線特急色600形車輌を運行します!!」



関連記事

No title

この前偶然見ました!!
やはりこの色が一番いいですね。
京阪特急のコンパクト版という感じで
かっこいいです。
資料の旧型車両も見ました。
走ってましたね~
懐かしいです。
[ 2013/03/07 16:25 ] [ 編集 ]

画像ありがとうございます(^-^)
これこれ!この色ですよね!
子供の頃散歩に行くとたまに見かけるから特別な車両やと言うのは小さいながら認識はありましたが、いつの間にか消えちゃってしまいましたね(^-^;
あとたまに整備用車両みたいな黒い車体が走ってたのを思い出しました
何の車両なのかは分からなかったですが客を乗せるようにな車両じゃなかったのだけ覚えてます
まだ幼稚園児前後やったのでかすかな記憶しかありませんでしたけどね…
あと親父のが京都にドライブ連れてってくれたときに四条とか地上で走っていたのも蘇ってきましたね(^-^)
[ 2013/03/07 17:52 ] [ 編集 ]

特急の色です

今日日赤へ行った帰りに見ました。普通に運行してるんですね。
でも私が乗っていた電車と違うので(ヘッドライト)少し違う感じがしますね。
 京阪本線ももうあの色がなくなるいようです。ほんと懐かしいいろでしたわ。
 100年です、石坂線NHKでもやっているように、なくならないように頑張らんと。
[ 2013/03/07 19:26 ] [ 編集 ]

★タケヘイさん

タケヘイさんお久しぶりです♪
やっぱりこれですよね。
じっくり、腰を据えて浜大津あたりで撮りたいのですが、まだ 偶然の時ばかりの画像です。

それでも大津の町を通り抜けるこの色の電車を見ると「おっ!!」と嬉しくなります。。
[ 2013/03/07 20:46 ] [ 編集 ]

★あるふぉんすさん

これなんですよね!!。。
懐かしいです。
黒い車体。。35年位前ですかねぇ~~ 走っていたかなぁ?
私の幼いころには、資材を運ぶようなトロッコのような電車が時々走っていたような記憶があります。 でもこれもかなり幼い頃の記憶です。。(笑)

鴨川沿の地上を走る京阪電車 懐かしいです。四条通を京阪電車が横断していたんですよ。。五条通も。。そして四条通りは市電も走っていた。。 今からは想像がつかない風景ですね。
時代の波とともに、移動手段が変わり 風景が変わるのが仕方のない事なら、せめてきちんと画像や絵に残したいですね。
[ 2013/03/07 20:56 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

最近、京阪電車に乗る機会が増えていますが、まだこの色の電車に乗った事はありません。社内はどんな風になっているのかな?
あの頃の電車とはやはりデザインが違いますが、色合いだけでも、走っているの見ると 懐かしく思います。

本線の色もなんだか淡い色ばかりになってしまって しかもロングシートばかりになっているのじゃないかな?。。

 テレビカーがなくなるのも寂しいですね。
[ 2013/03/07 21:00 ] [ 編集 ]

No title

子供の頃(笑)、鉄道の図鑑みたいな本で、石山坂本線の260形も京阪特急色で写っていたのを思い出します。
旧3000系こと8000系30番台は今月で引退ですし、時代の流れをひしひしと感じます(笑)。
[ 2013/03/08 00:38 ] [ 編集 ]

私も赤黄のツートンカラー 懐かし組です。
幼い頃、河原町へ遊びに行くのは京阪。
もちろん、浜大津で向かいのホームへ乗り換えていた時代です。
京津線に乗り換えたら、車内が空いてる時は靴を脱いで、シートに膝立ちして車窓の風景を見るのが定番でした♪
帰り道は、というと‥爆睡でした~(笑)
[ 2013/03/08 01:28 ] [ 編集 ]

★karesansui さん

karesansuiさん 鉄道図鑑を見て楽しむ男の子だったんですね。
ご両親に電車乗せてもらいに行ったり。。見に行ったり。。 子供の頃から電車大好きっ子だったんでしょう。。 かわいかったでしょうねぇ。。

karesansuiさんのように若い人が時代の流れを感じるのですから、私など。。感じすぎです(笑)

もうこの色合いが無くなるのかと思うととても寂しいです。
[ 2013/03/09 21:18 ] [ 編集 ]

★sho惑星さん

浜大津の乗換 懐かしいですよね。今思えば、あんな交通量の多い所を乗換のために一日中人が行き来するのですから、危ないし、電車も車も大変だったのではと思ってしまいます。
のんびりした時代だったのでしょうか?
子供の時の最寄り駅は三井寺駅。行きは浜大津駅まで歩いて三条まで電車乗るのですが、帰り。。
浜大津から家までが 疲れてるから遠い。。 遠いから 浜大津で乗り換えて三井寺駅まで乗せてもらっていました。 今思えば、歩いた方が楽なような気がします。。(笑)

「靴を脱いでシートに膝立ち」で思い出しました。
母は靴にかぶせるカバーを作ってくれていました。靴を脱げはいいのに脱いだ靴が邪魔になると考えたのでしょうか。。 洋裁和裁編み物が得意で内職したりしていた母。 その合間に カバーを思いついたのでしょうね。
人に対する心使いだったのでしょう。。
母は、そんな日の事すっかり忘れているかもしれません。
今度 病院に行ったら話してみようと思います。
[ 2013/03/09 21:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2591-48df0a4c