琵琶湖第一疎水の柵 (大津市)

 本当に最近は、大津の生まれ育った場所に行く機会が多くなりました。
それでも同じ場所を歩いても、ちよっと見る場所を変えると発見があり、同じ場所に何度も足を運ぶ、じっくり見ると言う事の面白さを感じます。


 13030202.jpg

 京都へと続く琵琶湖第一疎水。
小学校六年間、三井寺の山を見上げながらこの疎水沿を歩いて通いました。




13030201.jpg

 何年か訪れていないうちに、背の高い立派なフェンスが出来ていました。
三井寺への道がお洒落になっていました。



 この日、ふと見つけのは、これ。
13030203.jpg
写真右下の橋に使われている石。。

何も知らない人が見たら、それがどうした? 何?
ですが、私が見ると 懐かしいもの。

私が小学校へ通っていた頃は、疎水沿にはこの石で柵がされていたのです。

低い?
13030204.jpg
この長さで道路に立っていたので、それなりの高さはありました。

でも確かに低かったです。

ある日、友達と疎水を眺めていたら、道行く人に、「もっと頭下げて、下見てたら 疎水に落ちるで」とランドセルを少し押して 注意された事がありました。
今思えば、こんな高さで疎水に柵がされていたのでは危険です。




この位置に、この石橋はなかったように思います。きっと橋などありませんでした。
フェンス工事をした時、ひとつだけ、記念にこの場所に使われたのではないかと思います。

たったひとつだけど、幼い日の想い出につながるものが、片隅に残されている事嬉しくなりました。




関連記事
[ 2013/03/12 10:52 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(6)

この川は百々川です

この川は百々川」です。山から流れている川です。
川の横は大昔は小学校は大津西小学校で発足したみたいです。
大津百町のパネルにありました。

 疎水のフェンスはもう何年か前に桜見に行った時びっくりしました。ガス灯もついているようです。

 三井寺から電車にのっていた高校生でした。乗り遅れると浜大津まで走って、京都から来る電車にのっていました。なつかし思い出ですわ。
[ 2013/03/12 21:30 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

「百々川」 始めて聞きました。
疎水の横の道路に沿って流れている溝のような川ですね。
大津百町は、早く見に行かないといけません。休みの日に一日かけてみるつもりで行こうと思います。

小中高と徒歩範囲に学校があったので通学には使っていませんが、おばあちゃんちに行く時に乗る駅。郵便局のバイトに通う時も使いました。OLになってからも。。
すべてが、この駅からはじまっていました。
そうそう、寿幼稚園も、ここまで親が送迎してくれて、三井寺駅から幼稚園までは先生が送迎してくれていました。
私にとっても大切な駅です。
[ 2013/03/12 23:23 ] [ 編集 ]

不思議なことに、前に訪れた時には目にとまらなかったものが、再び訪ねた時に気づく‥というのが、よくあります。
あれー、こんなものを見逃していた~なんて‥
その日の心の持ちようで、見えたり、気づかずやり過ごしたり‥
心に映った風景を、見ているからでしょうか。
[ 2013/03/13 01:47 ] [ 編集 ]

No title

百々川,小関越えの途中に起点があります。
これが川の起点?と驚くような感じです。
私のブログで百々川について少し触れている記事があります。
http://takehei25.blog.fc2.com/blog-entry-436.html#more
[ 2013/03/13 20:39 ] [ 編集 ]

★sho惑星さん

sho惑星さんコメントレス遅くなってしまって申し訳ありません。
「心に映った風景」 そうですね。。

季節、天候、時間、心。。 その時その時 違うから、風景も違うんですね。
同じところを何度も訪れてみる。。ゆっくり訪れてみる。。というのは大切な事だと思います。
sho惑星さんは、ひとつの風景をじっくりかみ締めて絵にされるから いつも奥深く感じられている事と思います。
[ 2013/03/16 14:08 ] [ 編集 ]

★タケヘイさん

タケヘイさんブログ記事拝見しました。
自転車の速度って、たくさんのものが見えるからいいですね。。

川って起点があるんですよね。。突然始まるのではなく、何か地形の関係で始まるんですよね。。
それがやがて、大きな川となり、海に注ぐものもあります。 自然って不思議ですね。。

記事教えてくださってありがとうございました。
[ 2013/03/16 14:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2594-28569f0f