ご当地映画 最終週は「男はつらいよ 拝啓車寅次郎様」 (大津市)

 浜大津の大津アレックスシネマで開催されていた「ご当地映画祭」

 全4回 すべて見る事が出来るかどうか心配だったのですが、なんとか第四回目、最終週を見る事ができました。
今回は「男はつらいよ 拝啓車寅次郎様」


13030501.jpg





1994年 主に長浜で撮影。
長浜の町自体には、あまり親しみがなく訪れたのも10年前位ですから、町の変化を感じ取る事は出来ませんでした。でも、20年前と言えば、「二昔前」 生活用品の変化に興味が持てました。

 思いがけず、江ノ島電店の「鎌倉高校前駅」が出てきたのも感動。
駅名がで映し出させる前から「あっと 鎌倉高校前駅!!」
イルミネーションされて夕暮れの鎌倉高校前駅は、良かったなぁ。 
江ノ電また乗りたいなぁ。。



「寅さん映画」
子供の頃は、お正月前になると、映画の宣伝があのテーマソングと一緒にテレビから流れていたり、町にポスターが飾られていたと、馴染みはありましたが、実際映画館で見たのは中学生の時一度きり。
山口百恵と三浦友和の「伊豆の踊り子」と二本立になっていて、桜田淳子主演の「葛飾立志編」

 つい12.3年前でしょうか、お正月にたまたま「寅さん」を見て、面白い!!と思ったのがきっかけで全作品48作を連日ビデオを借りて半月ばかりで見終えました。
 寅さん映画の魅力? 寅さんの飾らない純粋さ、素朴さ、 「さくら」の優しさ、 出てくる人々みんなの優しさ人情深さ、 そして映し出される日本の風景の素朴な美しさ。。
特に初期の作品は、「昭和」を強く感じされてくれます。

 久しぶりの「寅さん映画」
 心が柔らかくなりました。





 暫らく、更新が滞っていました。
「青春18切符期間」と「大津百町大博覧会」関連で出かける事が多いのに加え、家の用事も重なってしまいました。
 書きたいことは山ほどあります。また少しずつアップしていきますのでよろしく♪



関連記事
[ 2013/03/17 20:45 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2597-107cbe72