北国海道 札の辻起点 ~二つ目の角  (大津市)

 大津百町の「観音寺」に住んでいたのは20歳まで。その後 大津南部に在住。
大津に生まれ育っていますが、子育てに追われていた15年位は大津百町にブランクがありました。
 一人で出かける時間が出来、歴史博物館等に足を運ぶようになって生まれ育った町を見て驚きました。
想像もしてなかった大きな道路が出来ているのです。
「ここはどこ?」 大きな道路沿いに立ってみると自分の生まれ育った町がまるで始めて訪れるような場所のようでした。
今日、ご紹介する 北国海道。 北国海道が疎水を横断する道路、昔の面影が間もなく完全に消えようとしています。




13031523.jpg

叶匠寿庵さんを右に見て進んだ突き当りを右に曲がります。

13031501.jpg
 いきなり、建設中の住宅。 道路から下がる為に、バックして新築されているのが一目瞭然。
ここには、頭のいい友達の家がありました。



この先、しばらく昔のままの風景が続いてくれます。


13031502.jpg
 少し歩くと、右にアーケード商店街の入り口 ここから 長等町商店街 菱屋町商店街 丸屋町商店街が 中町通に続きます。
母は特に菱屋町商店街で買物をしていました、私の乗った乳母車の中に、お野菜・果物・お肉・お魚。。どんどん積み込まれていって少しずつ私の居場所が少なくなってくる。。
洋裁をしていた母は時々、磯谷菓子店の角にあった出店のようなところで糸やゴムを買っていました。
乳母車に乗り、かつ妹が居ない頃です。。 2歳3歳。。 どうして昨日の事のように映像のように、あの頃が浮かんでくるのか不思議ですが。。。


13031505.jpg
左に、朱の「長等神社」の鳥居が見通せて、大津百町では美しい風景のひとつ。
長等神社にある「馬神神社」は北国海道起点の札の辻から移転されたものだという事です。

この道の角には「三上さん」という大きなお饅頭屋さんがあって、幼い頃はお墓参りに行く前お供えのお饅頭を買っていました。 ひとつひとつ、お箸でお饅頭をつかんで包装されていく様子が面白くって、よく真似して遊んでいたものです。


ここに案内版があります。
13031503.jpg

13031504.jpg


13031506.jpg

13031507.jpg
街道沿らしい、昔の面影を残っています。
このあたりに同級生の「林ガラス店」あったけど、もうないなあ。
このあたりの時計屋さんで見ていた ディズニーの赤い腕時計。。伯母さんが買ってくれて嬉しかったなぁ。
結局 勿体無くってロクにはめてなかったなぁ。。


13031509.jpg
13031510.jpg

「碑」が残されているあたりから、道路は拡張されています。
ここはどこ? ここは何?。。です。。  面影が全くありません。両側に拡張されています。

13031512.jpg
13031516.jpg


疎水を渡る「北国橋」
13031520.jpg
この橋も子供の頃は、緑の細い鉄で出来たような簡易な橋でした。勿論橋幅も狭く、交通量も少なかったと記憶しています。

13031521.jpg
京阪電車の鉄橋、三保が崎橋 と続き 先は琵琶湖です


13031519.jpg
反対側は水量を調整する石垣の水門、これは産業遺産として見応えがあります。




三井寺山門に続く大門通と交差。
ここが、北国海道の変化したポイントのひとつでしょうか。
大きな道がまっすぐ続いていますが、子供の頃は行止まり。
行止まりというよりは、江若鉄道の「三井寺下駅」正面でした。

13031513.jpg

13031517.jpg

ここで、北国海道は右へと折れます。



 大きな道路は三井寺下駅だったところを過ぎ、江若鉄道の線路だったところをさらに進み、イオン西大津店あたりへと続く交通量が多い幹線道路とととなりました。
 信じられない変化です。。



関連記事
[ 2013/03/26 10:16 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(4)

そういえばこの10年くらいであちこち目まぐるしく変わったような…
たまに西大津のイオンに行くのですが屋上の駐車場から眺める大津の町並みを見てたまにホームシックっほくなったり、やっぱり滋賀は大好きなのでずっと心の中に記憶しておきたいもんですね(^-^)
そうそう、ちなみにイオンに行くときは湖岸を使わずyumeさんがアップしてる踏み切りを通っていつも行きます
来月帰省するのが楽しみになってきました♪
[ 2013/03/26 11:18 ] [ 編集 ]

★あるふぉんすさん

マンションが随分と増えました。
大津市歴史博物館からも大津の町を見渡せるのですが、にょきにょきとマンションが林立しています。
琵琶湖が見えなくなってきました。
景観保護のために何か規制ができなかったものかと、思います。

西大津のイオン周辺の変化にも驚きます。
西大津駅(現 大津京駅)が出来たときは、田圃の中にポツンと駅がある。。という感じでした。
久しぶりに今年の1月に行って驚きましたよ。
あまりにマンションやビルが建ちすぎて、西大津駅が見つけられなかったんですよ。
駅前にあった喫茶店も、おかしな位地にある感じになっていました。
その分、人通りも随分増えていました。 大津駅よりも人多いですよ。。

人の流れが変化したようです。
[ 2013/03/26 22:45 ] [ 編集 ]

大門通

 大きな道になったんはもう20年は経っているでしょうね。
長等の会館やキリン堂まで出来ましたからね。

でもあそこが北国海道とはつい最近まで知りませんでしたわ。

  江若の通路はあとでできたんですね、少し大きかったから。

 大昔の写真はないですね、これからは後のこと考えて写真を撮るように考えんとあきませんね。

 大津の駅前も、うちの南草津も
[ 2013/03/27 00:28 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

20年前ですか。。そうかもしれません。
ブランクの後、訪れたのはその頃でしょう。その少し後に西大津のイオンが出来て、車で出かけた時、イオンのところから大きな道が出来ていて長等学区を抜けているんで 夢でも見ているのかと思いました。
県庁の北側の大きな道だってそうです。

江若三井寺下駅正面への道のところは、民家があったんでしょうね?
京阪電車とのかねあい、時期。。
道路について解明しようとすると、歴史も勉強しないといけませんね。

大津の町の10年20年後、どう変わっているでしょうね。
[ 2013/03/27 09:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2607-6b2c4acd