まだまだ気になる松本の建築物 (長野県松本市)

 私は、明治・大正・昭和に建てられた小規模・中規模な建物が好きなのですが、それ以外にも気になる建物がたくさんありました。


 13043601.jpg

13043602.jpg

13043405.jpg


ちらちらちらちらと見え隠れしている、薄緑色の重厚な屋根をつけたビルはなんでしょう?
これは、1913年(大正2年)建築の松本市役所を取り壊した跡地に 旧市役所を模して建てられた 松本市営上土団地なのだそうです。
取り壊されてもなお、人々の記憶に残るようにランドマーク的な市営住宅として再現させるというのは、なんて粋なんでしょう。
松本市の精神を見えます。



13043603.jpg

これは何?
「松本市時計博物館」時計の下のガラス張り部分は振り子です。
近代建築ではありませんが、色形ともに、博物館らしく仕上がっています。





13043606.jpg
1937年(昭和12年)旧第一74勧業銀行松本支店として建てられたものがウェディング施設として使われています。
→ 旧第一勧業銀行松本支店がウェディング施設に

13043605.jpg

13043604.jpg



13043607.jpg
「旧全国電気通信労働組合松本分会 (NTT東日本松本営業所)」




13043608.jpg
こちらは、古い建物の後ろ側に新店舗が建っています。



13043609.jpg
こちらは古本屋さんです。


関連記事
[ 2013/05/07 14:52 ] ---まちあるき--- 長野県 | TB(0) | CM(4)

松本はやっぱり大都市やなーと再認識させられました。
まちを見越して、雪を頂いたアルプスがのぞいているのが最高です!

瀬田の礒田医院‥返す返すも惜しいですね。
[ 2013/05/07 17:27 ] [ 編集 ]

★sho惑星さん

信州の町は、広大なんです。心が広くなります。
今回訪れたのは、ほんの一部の中心部ですが、もっと細かくまわればいろんな発見があると思います。
sho惑星さんが滋賀県をくまなく回られているように、私も一箇所を丁寧に感じたいと思います。

私も磯田医院の前を先日通りました。 なんとも哀しいですね。
何か有効利用できないかな? どうするのかなぁ? と不安な気持ちで前を通り過ぎていましたが、ついに。。という感じでした。。。
少し手前の唐橋西詰から電停に向かう途中にあった 竜宮城のような建物がなくなってからもう4年位になるでしょうか。。 
[ 2013/05/07 22:11 ] [ 編集 ]

No title

おはようございます。

松本の街並み、懐かしく拝見してます!

旧、第一勧銀の建物だったホテル、「アルモニービアン」、ここに二泊しました。(クーポンサイトで格安の宿泊チケット、ゲットしたもので(^_^;))

外観も趣があり、部屋は機能的でしかも落ち着きもあり、とても良いホテルでした。

夜、この近くのお蕎麦屋さんにおじゃましてお店の御主人ご夫妻、その知人の方とお話させて頂く機会があったのですが、松本というのはものすごく文化度の高い都市なんだと感じました。
一般の市民の文化度の高さ、その人達の心意気というようなものが、あの素敵な街並みを作り上げているのかもしれないですね。
[ 2013/05/09 08:39 ] [ 編集 ]

★ジンジャーさん

いい旅をされたのですね。
町の人々の意識が全く違うんだろうなと。。歩いていても感じましたし、それぞれの建物を見ても感じました。
レベルが違うとでもいいましょうか。。
地域性って怖いものですね。
素晴らしい町です。
まだまだ知らない松本市内がいっぱいあると思います。 もっと歩けたらいいなぁと思います。
[ 2013/05/09 22:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2650-1dd64618