大津百町 「長崎屋食堂」 (滋賀県大津市)

13051104.jpg

「この見本な、一年に一回京都から集金に来て、綺麗にしてくれやはったんやけどな、もう何年も来てやはらへんわ。 そやけどな、息子が一年に一回来て、このケースやら 見本やら綺麗にして帰ってくれるんや」

と。。 ニコニコと明るく話して下さる店主さんは、もう70歳は過ぎておられるであろう女性。
見本とは、品サンプルのこと。





13051101.jpg
大津市浜大津、川口公園の近くにあるこの「堂」
2007年に一度訪れた事があったのですが、その後、この前を通るといつも閉まっていたんです。
あー もう閉店されたのかなぁ。。。
と思っていたら、この日 暖簾が出ているではありませんか!!

 お店の前の建物が取り壊され駐車場に変わっているので すっきりと正面に見えるようになっています。






13051102.jpg
遠巻きに(笑) お店の写真を撮っていると、女性の方が出てこられて(「おばちゃん」って表現が最適な方です) 「もうこの店古いんやで~ 私がお嫁に来て50年やど、店は80年になるねん」と。。 テンポよく話しかけてくださいます。。
「‘長崎屋’って名前はな、昔 パン屋さんしてた時 のカステラからつけた名前やねん、みんな 長崎県か思わはるけど 違うねんで」
「店の中も古いねんで、机やら椅子 珍しいゆうて若い子が写真撮って帰らはるねん」
「お好み焼が流行ったときあるやろ、その時お好み焼もしてたし、店の中にその台もあるねんで」

「お花が好きなんですねぇ」
とやっと私の方から話しかけると、「4時になったら水やるねん」
「大変でしょ?」「そんな事あらへん、これでちょっとずつあげるんやけどな。。」

ホント、お話好きな女性♪

13051105.jpg

ひとつひとつ花の名前を教えてくださいました。
この花は終わったけれど、もう少ししたらこっちが咲くんやで。
これは、勝手にどんどん増えたんや。
これは 人がくれやはったんや。
これは 毎年咲くんやけどなぁ。今年はどうやろ。。

13051106.jpg



お店の横の路地のよそのお宅にまで案内してくださいます。
「こちらもですか」
「ここ 貸してもろてんねん。 かしてもろて作ってんねん」
まぁ。。。家の前を綺麗にしてもらってさぞかし お喜びでしょう。。

13051107.jpg





生き生きとした表情、次々と飛び出す花の名前。。 お花が大好き。 お花好きに悪い人は居ないってゆうけれど、ほんとう。。素敵な女性です。

「すいません。今日はさっき事してきたから頂けないんですけど、今度お邪魔させてもらいますね」
「いいでいいでー そんなもん」

日曜がお休み。 私がこの前を通るのは、父のお寺に行く時が多かったから、きっと日曜日に通っていたのでしょう。。


 花を愛し、ニコニコ明るくお話をされる素敵な女性。
私もこんな風に歳を重ねられたらいいなと。。


 そして、何よりも こういうお店が残っている事が嬉しい。
ずっとずっと。。。 「昭和」を残して欲しい。。



 前回 訪問時の記事があります。店内の画像もあるので 是非 ご覧ください 
→ 大津の町の堂 「長崎屋」

お店の前の、自転車は こちらの女性のものなんでしょうか。 元気に走り回っておられる姿が目に浮かびます。


13051103.jpg
関連記事
[ 2013/05/31 21:26 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(2)

No title

長崎屋さんは本と長くやってますね。

いつやすんだか、船頭町に知り合いがいるので、聞いてみなすわ。
[ 2013/06/01 15:10 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

子供の頃は、このお店の存在を知りませんでした。浜大津に活気があった頃は賑やかだったんでしょうね。

「せんどまち」 懐かしい響きです。
[ 2013/06/01 21:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2665-863f1573