バタークリームケーキの「イロハ堂」さん(大津マート内)閉店 (大津市)

 今年の誕生日記事 → 「お誕生日のバターケーキ」 の記事のコメントに出てくる 「滋賀でバタークリームケーキを作っているお店は3軒」
その一軒が大津の「イロハ堂」さん。

誕生日直後に、イロハ堂さんを検索して行き着いたYouTubeの「浜大津 再始動~イロハ堂さんありがとう」
「最後の挨拶にイロハ堂さん」






(いずれも投稿者の承認を得て貼り付けています 大津マート内の様子も映し出されていて貴重な映像です)






「イロハ堂」の文字に惹かれたどり着いたものの。。その内容は、あまりに寂しく。。
イロハ堂と、大津マートが無くなってしまうという事実。。。

 時既に遅し、もう閉店してしまっているはず。





0705265.jpg

いまどきの洗練されたお洒落なケーキじゃない。
もっさり?とした昭和のケーキ。
あの頃は、ケーキなんてクリスマスかお誕生日しかべられなかった、だからこそ憧れだった。
あの感激すらよみがえってくる。。

これが「イロハ堂」のケーキです。


13060102.jpg
2013年6月2日

13060103.jpg
2013年6月3日


もしかしたら、まだやってるかもね。。 なんて期待したけれど、アーチ窓と「イロハ堂」の飾り文字が。。 あまりに哀しい。






2013日3月20日

13060101.jpg

「大津マート」「ヤマザキパン」「シュークリーム あまみとろ~り」の看板とノボリが賑やかに並んで、ショーケースは 昭和のケーキを並べて明るく輝いています。

この日、珍しく私は、苺ショートを一個だけ購入して、浜大津駅のベンチに座ってべたのでした。。
写真も撮っています。
何を思ったのか。。虫の知らせだったのか。。
ただ、苺ショートはイロハ堂さん製ではなく、ヤマザキパンさんのものだったと。。思います。
あの時、閉店を知っていたのなら、イロハ堂さん製昭和のケーキを買い求めていました。
いえ。。イロハ堂さんのケーキの味を記憶しようと、閉店まで出来る限り足を運んだでしょう。。

私にとっては、それほど貴重なケーキのお店だったのです。



過去記事をご覧ください。
→ そしてイロハ堂

→ 「22歳」
「誕生日ってなぁ、本人のお祝い違うヤン、 育ててくれた人、周りの人に感謝する日やん」と 娘が22歳になった日、私たちのために特別注文してくれた イロハ堂のバタークリームケーキ の画像があります。



イロハ堂さん。。 ありがとうございました。
ここにも、イロハ堂ファンがいます。。


関連記事
[ 2013/06/05 10:01 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(8)

昭和の産物が1つ・・

イロハ堂さんの特集、ありがとうございました。
その後・・も見させていただきました。
なんとも・・切ない・・(;>_<;)
昭和の良き産物が、また1つ消えてしまいました。
けれど、想い出は永遠に残ります。
そして培った友情も・・です。

心温まる女将さん、ご主人に
  ☆乾杯!!☆
[ 2013/06/05 21:47 ] [ 編集 ]

★はちまるさん

はちまるさん、直々にコメントありがとうございます。
YouTubeの方と、直接コメントを交わすのは始めてで、しかもブログに投稿頂くのは始めてなのでとても嬉しいです♪
イロハ堂さんのとりもつ縁。。。 だと思うと、元気が出てきます。

はちまるさんの残して下さった動画は、生きた記録です。。
この動画を残してくださった、はちまるさんに感謝しています。


イロハ堂さんの大切な思い出。。いつまでも忘れずに。。歩いていきます。。

[ 2013/06/05 22:28 ] [ 編集 ]

No title

悲しい。
知ってても行けへんけど、こういうお店がなくなって
こじゃれた高いケーキ屋さんばっかりになるのは、時代なんですかねぇ。
私ら、こういうケーキを懐かしがる最後の世代なんかも。あーこてこての薔薇がついたケーキを食べたくなりました。
[ 2013/06/06 13:18 ] [ 編集 ]

★ぽんさん

「こてこての薔薇がついたケーキ」 最高ですねぇ~
あの脂っこいバタークリームケーキを、あんぐりとほおばる。。
私の場合 「懐かしがる」と言うよりも、こじゃれた高いケーキよりも、バタークリームケーキの方が本当に好きなんで 残念でなりません。
検索すれば 大阪あたりには 薔薇のケーキあるのかなぁ。。
仁丹のようで仁丹でない、「アラザン」とい銀の粒。
固くて甘い アンゼリカとか。。固くてあまいサクランボとか。。
たまりません。。。
[ 2013/06/06 15:13 ] [ 編集 ]

No title

立派な動画ですね。
どうやって見つけるのか不思議ですわ。

イロハ堂のお店は知ってたけど。かった事なかったですわ。

前の中安酒店がテレビが早くついたんで、何回か見にいたんです。まだ小さかたんで、とうく感じましたわ。相撲をみてたんかな。朝潮太郎をみてたんかな。
[ 2013/06/06 23:46 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

「イロハ堂」で検索すると、この動画が出てきました。
YouTubeは、いろんな動画があって楽しいですよ。 昔の音楽やCM 鉄道関連。。なんでもあって 見始めるとキリがありません。

私も イロハ堂では 買ってもらった事無かったと思います。
ケーキは、菱屋町商店街の「カドーヤマイチ」 玩具屋さんや、ワタナベスポーツの近くだったかな?
誕生日の時だけでしたけどね。
カドーヤマイチも、最近 綺麗なカフェのようになって営業されていましたが、今はやっておられないような気もします。

丸屋町商店街で よく行ったお店は、やはり文泉堂書店と、ロビンの靴屋さんでした。
[ 2013/06/07 22:43 ] [ 編集 ]

バタークリームのケーキ

こんにちは。
戦後すぐの頃、お誕生会やクリスマスのケーキと言えばバタークリームでした。
あの頃は、生クリームのふわふわに憧れていていましたが、
近年、お店ではめったに見かけられなくなりましたね。
なんだか無性に食べてみたい気持ちがしてきました。
大津の家並みを散歩しながら、イロハ堂さんのケーキを求めに行ってみたいです!
とても懐かしい記事です。
いつも楽しくブログをチェックしています。


[ 2013/06/09 13:46 ] [ 編集 ]

★東京の隅っこのold lady さん

東京の隅っこのold ladyさん コメントありがとうございます。
とっても嬉しいです。

バタークリームケーキから、生クリームケーキへと変わっていったのはいつの頃だろうと 調べてみたり記憶をたどったりしましたが、大津では 昭和42.3年頃から生クリームケーキが出てきたのじゃないかと思います。
それでもまだ昭和50年代には、バタークリームか生クリームの選べるクリスマスケーキがありました。

今でも クリスマスになると、一流パンメーカーなどから「バタークリームケーキ」が発売されパンフレットに載っていますから、需要はあるのでしょうね。

イロハ堂さんは残念ながら、閉店してしまいました。。。
東京の下町あたりには、まだ残っているのではないかと、思うのですがいかがでしょう?
東京散策のおりにでも寄ってみたいと思います。
[ 2013/06/09 15:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2669-663a0528