湖岸ライン③ 「観音寺~旧北保町」 の湖岸ライン (滋賀県大津市)

13060801.jpg

湖岸ラインを求めて散策中このような地図を見つけました。 5~6年前の地図と思われますが、カラーで比較的わかりやすい地図です。

湖岸ライン① 湖岸ライン②で遺構が確認できたのは、地図左上 「増田タバコ店」後ろの道路のところまで。
元実家「㈱木豊」の後ろで、「㈱木豊」の敷地後ろにあった蜜柑の木のところまで、琵琶湖があったと聞いていますから、そこまでは、辿れたとしましょう。。

問題はその先です。「湖岸ライン巡り」でのその部分については触れられなかったそうで、あとは私の推測ですすめてみることにしました。


地図、真ん中から右真ん中あたりへと走る道路は国道161号線。




「尾花川橋」は昭和38年竣工
13060906.jpg

13060907.jpg

続く「新三保ヶ崎橋」は昭和35年竣工
13060908.jpg


画像の国道161号線部分は昭和30年代に開通した事がわかります。



当然気になってくるのは、「増田タバコ店」から「観音寺郵便局」にかけて琵琶湖岸を走る道路。
私の記憶では、両親はこれを「国道161号」と呼んでいましたから、旧国道161号線になるのだと思います。

でも。。この道路が一体いつ出来たのかが謎です。



13060914.jpg
現在の地図です。
赤線が謎の道路。
青線が遺構が確認出来る湖岸ライン
緑線が北国街道

青線は、謎の塘路に並行して北国街道と交差するのではないかと思うのですが。。。








13060902.jpg
明治28年


13060903.jpg
明治38年


13060904.jpg
昭和初期


いずれにも謎の道路は出きません。

私が物心ついた頃には、すでに謎の道路がありましたから 昭和初期から昭和33年までに出来た道路ということになります。



まぁ。。とにかく、この道路沿いに何か湖岸ラインの遺構があるのではないかと、幼い頃の生活道路の路地裏を歩いてみましたが入り込めるよな路地はありません。

謎の道路の琵琶湖側に続く石垣と小高い地形が気になります。
13060803.jpg

13060808.jpg

13060809.jpg

13060810.jpg

13060811.jpg


道路が出来た時に作られた堤防のようなものだったのでしょうか。

ただ、この小高い地形はやがて、北国街道とフラットになります。
ある人によると、一部は「疎水のトンネルを掘ったときに出た土で盛り上げたもの」ということで、
疎水施設のためのものだろうと思います。
またこれほどの、湖岸ラインが残されていながら、誰もが気づかないわけはありません。


地元に住んでいた者として気になるのは、北国街道から湖岸方向にまっすぐに延びる細い道路。

13060804.jpg

13060805.jpg




さらに同じく北国街道から湖岸方向に延びる 溝沿の道路。
13060807.jpg

13060806.jpg


これらは、このあたりが湖岸ラインであった名残なのではないかな?と。。。 一人想像しています。




【琵琶湖岸ラインINDEX】
関連記事
[ 2013/06/12 18:35 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(4)

No title

北国街道から湖岸への道は沢山あったんだとおもいまう。
昔は洗濯していたはずですわ、
明治の大洪水もときは大津も大洪水になったはずですね。
草津の東側にはありました。前に堅田行った時もありました。大津もあかんかったはずですよね。
[ 2013/06/14 06:25 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

尾花川、観音寺の 細い小道。子供の頃はなんともおもっていませんでしたが、あれが湖岸を出る道だったと考えると その時代を思い描き楽しくなってきます。
小学校で、そう言った自分の住む町についてもっと教えてくれたら良かったのになぁと思います。


琵琶湖岸ばかりを意識していると、どれもが 湖岸ラインの遺構に思えてきたりします。
[ 2013/06/14 21:03 ] [ 編集 ]

どうも3年ぶりです

懐かしいですわ、郵便局跡地とか料理旅館大湖に釣具屋に広岡のお菓子屋があった辺りですね、木豊のおばあさんには、よく怒られたもんだ。岡本酒屋に中嶋散髪店、西田豆腐店はまだあるはず、荒川酒屋に林のパン屋、竹内と石川の牛乳店に横江食堂、日用雑貨の鈴木さんに、化粧品の多賀さん、毎日新聞の里見さんもありましたね。
[ 2013/12/10 19:00 ] [ 編集 ]

★柴犬のおっさんさん

コメントありがとうございます。 すみません3年前、どのようなお名前でコメント頂いていたお方でしょうか?
確か、木豊さんのお近くにお住まいで昭和55年位にあの地を離れられたってお方でしたでしょうか?
もしかしたら私の知っている人かも。。と大騒ぎさせて頂いたお方ですよね。

今回また、このような具体的な細かい記憶に嬉しくなっています。
木豊さんのおばあさんに怒られたって?(笑)上品なお方でしたよね?娘さんが何人かおられたと記憶しています。 古沢さんのお宅は、常に勝手口から出入りされていたと思いますが、私の家は玄関の横の路地を入っていった突き当りでした。(現在は両親ともそこには居ませんが。。)
釣具屋さんもあったような気がしますが。。 広岡のお菓子屋さんがわからなくって残念。。。横江食堂の横は洗い張りをしておられたと記憶しています。
日用雑貨の鈴木さん。。 あの煙草屋さんも併設されていたところですかねぇ?多賀さんの前あたりの。。
大掃除の日に、何か買いに行った記憶があります。 なつかしい。。 忘れていました。

横江食堂ではなく、もう少し浜大津寄りにも小さなおうどん屋さんがありました。
横の方で回転焼を焼いておられたお店。覚えておられます?
浅野のお米屋さんとか、アオイの卵屋さん。 北保のお地蔵さんの近くには木村の雑貨屋さん。

小さなお店がたくさんありました。
あの頃は、ああいう商売が成り立った時代だったんですねぇ。
[ 2013/12/10 21:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2676-d46b46e7