FC2ブログ







湖岸ライン⑤ 浜大津付近 「大浜」「大橋堀」 (滋賀県大津市)

13061102.jpg

湖岸ライン、川口堀湖岸国道161号線をそのまま浜大津方向に進むと、「浜大津明日都」前に出てきます。
(写真左の建物)

かつて、このあたりには「大浜」という入り江があり船が荷物を積んで入ってきていたそうです。

13061101.jpg
「浜大津明日都」旧国道161号線側。



13061109.jpg
右「川口堀」
中央した「大浜の入り江」
(明治36年発行地図)

13061110.jpg
(現在地図)
濃い線が、「川口堀」 「大浜の入り江」





さらに、京阪電車浜大津駅前の「旧大津公会堂」の駐輪場に残っているのは、「大橋堀地先の橋跡」

13061107.jpg
アーチ窓が綺麗な黄土色の建物が旧浜大津公会堂。左下の白い屋根が駐輪場。

13061105.jpg



13061106.jpg




13061111.jpg

右から、「川口堀」「大浜の入り江」イカリマークのあるところが「大橋堀」

大橋堀は戦国時代の大津城の外堀にあたります。

大橋堀は、橋跡から内陸部へと深く入り込んでいましたが、写真が撮れていません。


次回、しっかり写真を撮ってから、この続きを書こうと思います。




【琵琶湖岸ラインINDEX】
関連記事
[ 2013/06/14 21:34 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(5)

わくわくしますね

成る程、湖岸ラインと言い、大津城の縄張りといい
消え去ってしまった。と思っていたモノが
結構埋もれて残っているものですね
自称「埋もれたモノ」フリーク(笑)の
私としましては、わくわくしますね。
私の住んでる膳所も基本四百年前と
区割りが変わっていないので、
自分の家が江戸期の古地図でも
確認できて面白いです
まさに、歴史の積み重ねが
さりげなく埋もれているのが如何にも
大津らしいと思います
そう言えば、京阪の駅のある
「島ノ関」も大津城のお堀跡ですよね。
[ 2013/06/15 18:08 ] [ 編集 ]

★CHOKKO さん

「埋れていたものフリーク」いいですねぇ~♪
特に自分が慣れ親しんだ町が、その昔どのようなものであったかと言うのはとても気になります。

膳所の町も近隣ですから、とても気になっています。 先日 膳所市民センターに行った時に膳所の歴史についてちよっと見てきました。区割りが変わってないというのは、ますます面白そうじゃありませんか。。
膳所探訪などは、膳所学区で開催されているのでしょうか。

去年 県の膳所の町を訪ねる探訪に参加させて頂いた時も、とても楽しかったです。
膳所城が想像以上に大きかったことも意外でした。

膳所の町について、また色々教えてくださいね。
[ 2013/06/15 21:19 ] [ 編集 ]

No title

大浜というのは私はしりませんわ。
倉橋町のところにあったバラックがやっはりお大浜でしたんですね。
あそこも京阪の京津線のホームでしたんですね。
今は大きなビルにかわってしましましたわ。
[ 2013/06/16 20:02 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

そうですか。。 そば打ちおじさんが 大浜をご存知ないのなら、私が知ってるような気がするのは間違いですね。
もうひとつ手前の三保ヶ崎あたりの未開発の状態の時と混乱しているかもしれません。
物心つき始めた頃、三保ヶ崎界隈の湖岸は、自然のままであったような記憶があります。
[ 2013/06/16 23:18 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/06/17 10:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2678-abefcdd3