「胎衣(えな)塚」  (滋賀県高島市)

「継体天皇」

 「安閑神社」から、おなじみ 滋賀県のバスで連れて来て頂いたのは「胎衣(えなづか)」

 車の運転が出来ない、私が一日で多くの歴史ある場所を訪ねる事ができるのは、この滋賀県バスのおかげて、いつも感謝しています。 おかげて、去年、一昨年、そして今年と県内の各地を周らせて頂いています。




13061701.jpg



13061704.jpg
 
山が遠い、緑がいっぱい。。空気がおいしい。。
高島はこんなところ。
そして、こんなのどかな場所に 継体天皇の「胎衣(えな)」=へその緒 が埋められていると伝えられています。



13061703.jpg
写真中央のこんもりとした盛り上がりが「胎衣塚」


13061705.jpg
塚までは、ロープの張られた草むらを歩きます。


13061702.jpg

13061706.jpg


滋賀県高島市ののどかな地に、古代天皇の「胎衣」が埋められているという伝承は、夢のあるお話です。







滋賀県教育委員会では、さまざまな歴史探訪の実施に取り組んでおられます。
ご興味のおありの方は、是非 ご参加くださいませ。
「近江歴史探訪」


「ブロガーによる歴史探訪情報発信 INDEX」

関連記事
[ 2013/06/19 11:26 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2685-816e655c