朽木資料館 (滋賀県高島市)

13062101.jpg




13062107.jpg

13062108.jpg

13062109.jpg


朽木資料館は、朽木陣屋跡に隣接しています。

13062102.jpg







13062104.jpg

13062103_20130620221839.jpg






元亀元年(1570)4月、信長の朝倉義景攻略時に、妹婿の湖北の同盟者浅井長政が朝倉氏方につき、信長軍を北と東からはさみ打ちにしようとした。
信長は京都への撤退を決意し、保坂(現高島市今津町)から朽木街道に入った。 その際、朽木の領主朽木元綱は、信長の領内通過を認めただけでなく、手厚く接待した。 その際、信長公ははいていた鹿皮製のたちつけ(はかまの一種)を世話になった人に賜ったが、これのレプリカが陳列されている。


13062105.jpg

 自分の履いていた袴を、お礼に贈ったというのは、普通で考えると意外ですが、「鹿皮製」とは、相当高価ななのであったのでしょう。

13062106.jpg

13062110.jpg


 どこの町にも、100年 200年ではない 1000年 1500年の歴史があります。
それぞれの町の歴史を、詳しく調べる事はとても面白いだろうと思います。
「朽木」。。
やっぱり その地名に惹かれます。
もっと 深く知りたいと思いました。







滋賀県教育委員会では、さまざまな歴史探訪の実施に取り組んでおられます。
ご興味のおありの方は、是非 ご参加くださいませ。
「近江歴史探訪」




「ブロガーによる歴史探訪情報発信 INDEX」


関連記事
[ 2013/06/20 22:35 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(2)

頑張ってますね

わたしは、もうあきません 2つでやめておきますわ。
ブログに書くのはむつかしですわ。
[ 2013/06/21 00:28 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

いつものブログは、いわば自己満足のようなところがあって 自分の思うままに書けばいいのですが、こういう風に目的があると なかなか難しいし、構えてしまいますね。 責任も重大ですし。
でも、それだからこそ、自分の知識として身につくってものです(笑)
あまり 気負わずに 自分が感動した事等をそのまま書けば、見てくださっている方に通じると思います。
[ 2013/06/21 19:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2690-1097b4de