FC2ブログ







JR西日本岩徳線 「周防高森駅」前 (山口県岩国市)

「周防高森駅」で、途中下車。

駅を出てすぐの広い道路には、「昭和」がそのまま、わざとらしくなく残っていました。


13081916.jpg


大通りの脇には、小さな路地がいくつもありました。
13081903.jpg

13081908.jpg

13081917.jpg






「本屋さん」
13081920.jpg

13081904.jpg






こちらは昭和30年代を感じさせてくれる近代建築。
13081910.jpg

13081906.jpg

13081907.jpg






13081915.jpg

13081918.jpg

13081921.jpg






町並み風景と、こんな貼紙・標識で周防高森駅前の町が、いろんな意味でどんな位置にあるのかを感じる事ができます。

13081909.jpg

13081901.jpg

13081902.jpg






13081919.jpg

写真奥でカメラを構えておられる女性。
同じようにカメラを構えている私に声をかけてきて下さいました。
「旅の方ですか?」
千葉在住の彼女は、この周防高森に帰省中 同世代のブロガーさん♪
「子供の頃は、この道の真ん中に川が流れていて桜の木が植えられていたんですよ~」
と教えてくださいました。
そっかぁ。。 わかるなぁ。。 この町並みに川と、桜は似合いすぎます。
家並みは、その頃のままなのでしょう。
すっかり意気投合して、ブログ名を交換しあって、お別れしました。



→ お加代のブログ


13081911.jpg



ここは、旧山陽道です。


関連記事

No title

仕事で何度か通ったのですが、このあたりを大きく迂回したバイパスばかり、宿題がまた増えました。
旅先での思わぬ出会いは思い出に残りますね。私も滅多にないですが、何故か女性に旅先で道をきかれることが多いです。エトランゼなのに、、、でも年の功でしょうか何とかお答えできることができて今のところ事なきをえてます
[ 2013/08/24 22:15 ] [ 編集 ]

★うてきなぷりぱさん

うてきなぷりぱさん、きっと心の優しいお方なのでそれがあふれ出ているのでしょうね。
いけメンだから、声かけたくなるのかもしれませんね♪

一眼レフで写真を撮っていた時代はよくシャッター押してください。。と言われました。
別に写真が上手なわけでもないので、いつもドキドキしてました(笑)

電車内から瀬戸大橋の写真を撮っている時に友達になった男性もいたのですが、いつしか縁遠くなりました。

「旧山陽道を歩く」ってどうなんでしょ。 この先どんな風になっているのでしょ?
最近 街道にも興味があります。
[ 2013/08/24 22:53 ] [ 編集 ]

No title

西国街道(江戸時代)でしたらガイドブックが書店に売ってます。国道2号線(バイパスを除く)がほぼ旧山陽道沿いに走ってます。このあたりもそうです。
[ 2013/08/25 07:49 ] [ 編集 ]

田舎

田舎の写真、拝見。

ありがとうございます。

ちょっと前の事なのに、こうして写真を見ると懐かしい。

これから、yumeさんみたいに、周りを意識して見つめ

時間を過ごしたいと思っています。


  写真の撮り方、お上手ですね。うまい!

[ 2013/08/25 07:57 ] [ 編集 ]

★うてきなぷりぱさん

ありがとうございます。
街道が国道、またはほぼ沿ったところが国道となっている場合が多いですね。
いつの日か全国の街道歩きが出来るといいなと思っています。
[ 2013/08/25 15:20 ] [ 編集 ]

★お加代さん

早いもので、あれから約一ヶ月ですね。
あの頃はまだそれほど暑くなくって、周防高森の町を歩くのも楽しかったし、何よりも地元出身の方に声をかけて頂いて、昔のお話をして頂けた事がとってもいい思い出になりました。

「私のブログ記事は進展が遅いので、この町の事はいつになるかわかりませんよ」と言いましたが、本当に今頃になってしまいました(笑)

あの町でお友達になれた事もとってもいい記念です。
これからも末永くおつきあい願います。
[ 2013/08/25 15:24 ] [ 編集 ]

山陽道ですか

 NHKで山陽道の歩きをだいぶ前にやっていました。
中仙道のあとです。でも山陽道はあまり見ませんでしたわ、やはり地元と違うからかな。
 高森って本陣がある宿場だったんですね。
[ 2013/08/25 23:19 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

街道と言うと、やはり東海道、中山道が有名ですね。
でも各地に昔からある街道にもとても興味があります。
少し前に生きた人々が、この道を歩いたいたんだなぁと思うと嬉しくなります。
[ 2013/08/26 21:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2737-12a0321f