「余呉湖ダム」 (滋賀県長浜市)

ブロガーによる歴史探訪情報発信
【 余呉湖周辺から高時川の上流域を訪ねて-長浜市- 】 

 先日お知らせしました 探訪【近江水の宝】 -余呉湖- 
に関連しての ブロガーによる歴史探訪情報発信、8月31日に行ってきました♪


【INDEX】

*******************************************

「余呉湖ダム」

琵琶湖のさらに北にぽつんと離れてある小さな湖「余呉湖」
その名称からも 鄙びた感じのある神秘的な 不思議な湖です。
そんな印象を受けるのは、その昔は 流れ込む川も流れ出す川もないという「閉鎖湖」だったからなのかもしれまん。

「閉鎖湖」故に、洪水の心配があり、慶長9年 今から約500年前に 余呉湖につながるように高田川が掘られ、その後も隧道が掘られました。

 さらに昭和20~40年代に 西野隧道をはじめ 余呉湖のダム化工事がはじまり昭和62年に 国営湖北農業水利事業は完了しました。これによって琵琶湖から賤ヶ岳越しに送水トンネルを経て 余呉湖へ水が補給され、余呉川に 放流するというそれぞれの湖の水量を調整し 余呉川 高時川 草野川の周辺地域に計画的に農業用水を供給することで 水不足や洪水の解消ができるようになったのです。


 これにより、「余呉湖」は「余呉湖ダム」として機能するようになりました。
実は、滋賀に生まれ育ちながら、今までそのような事実を知りませんでした。
「余呉湖? 神秘的♪ ロマンチック」というイメージが変わりました。
でも、少し寂しさは感じますが、人々の安定した生活のため、自然の湖を生かせた事は、素晴らしいと思います。

「水は宝」です。


今回は、「ダム湖」しての姿を紹介します。



13090707.jpg
琵琶湖から、汲み上げた水の放水口=余呉湖への入口
「飯浦送水遂道出口」

ネットは、琵琶湖からの外来魚などの流入を防ぐためのものです。


13090714.jpg

13090708.jpg
余呉湖の水をの放出口=余呉湖の出口
「余呉湖放水隧道」


13090713.jpg
隧道はしばらく暗渠化したのち、こちらの余呉川に放出されます。
「余呉放水隧道」






13090711.jpg

13090709.jpg

13090710.jpg
「江土閘門ゲート」= 流入流出調整ゲート




余呉湖の真ん中に見えているものは、水質浄化のためのものです。
湖畔にこのような施設がありました。

13090712_2013090322001811b.jpg

13090701.jpg


13090706.jpg
「金魚のブクブクのようなものですよ。。」と説明して頂きましたが。。 この広い湖でブクブクとは。。




 
天女の舞い降りた余呉湖。
今は湖にブクブクを入れて、地域の人々の生活を守っています♪





lake_yogo_1_2.gif

琵琶湖市民大学のHPから、地図をコピーさせて頂いて、わかりやすく取り入れ口と、出口を加えさせて頂きました。



関連記事
[ 2013/09/06 20:54 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(4)

No title

難しいテーマを、しっかりとした文章で書いておられますね。
私が一番手こずったテーマです(笑)

余呉湖は鏡湖と言われた美しい湖だったけれど、それでは人々の生活はやっていけないので、ダム湖となったのですね。
理想と現実の難しい選択です。
[ 2013/09/06 22:04 ] [ 編集 ]

★merry さん

頭の悪い私は、その日その場所で聞いただけではなかなか理解できず、帰ってから地図を広げたり検索したり。。と大変(笑)
でも、ブログに書こうと調べたり復習したりする事で、しっかりと自分の身についていきますよね。
普通なら、右から左になる事でも(笑) きちんと押さえなければなりません。
大変なようです、それが逆に喜びでもあります♪

余呉湖ダムも、結局、入口と出口がある。それが基本なだけなんですよね。。(笑)

理想と現実は。。 何事に関しても切実な問題です。
[ 2013/09/06 22:36 ] [ 編集 ]

No title

余呉というと個人的には中国的な響きがありどことなく幽玄な感じがします。写真を拝見するとそれも納得できました。

 余談ですが今ネットで出身県を当てる「方言チャート」に話題沸騰ですが、ちなみに私は滋賀県でした。チャートの信憑性は?と思いつつもyumeさんへの目に見えない縁を感じました。ぜひyumeさんもお時間にある時にチャレンジしてみてください。検索サイトで「方言チャート」で入力してみてください。
[ 2013/09/07 18:52 ] [ 編集 ]

★うてきなぷりぱさん

中国的ですか。。
「余呉」という文字にも中国的なものを感じますね。

「方言チャート」何度やっても「山口県」になってしまいます。どういう塩梅なんでしょ。。??(笑)
でもこれまた、うてきなぷりぱさんの広島のお隣です。 これもご縁かと♪

ちなみに鹿児島に住んだ事のある宮崎県出身の主人は「鹿児島」との結果でした。。
[ 2013/09/07 21:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2749-c36279ef