「伊崎の棹飛び」 (滋賀県近江八幡市)

ブロガーによる歴史探訪情報発信
【 沖島周辺を訪ねて -近江八幡市- 】
 
2013.9.7

【INDEX】




10月5日に「探訪【近江水の宝】琵琶湖上をゆく-沖島-」が開催されます。
平成25 年10 月3 日(木曜日)午後5時締切です。


以下の記事を参考に、みなさん是非 ご参加ください。

*************************************************************

「伊崎の棹飛び」

「伊崎寺」というより「琵琶湖に飛び込むところ」と言う方がわかりやすい。

ポスター画像の再掲です。
13092511.jpg



13092604.jpg

「棹飛堂」から見ると、想像以上に細い、長い。
幅30センチ、長さ13メートル。
うわぁ。。 私なんかまず、一歩も踏み出せません。
まず30センチの幅を歩けません。

琵琶湖までは7メートル。。


とても無理。
でも大丈夫。棹飛びができるのは比叡山の百日回峰を終えた修行僧だけなんです。。

棹飛びの起源は天台修験の修行のひとつであった「捨身」とされています。


「棹飛堂」へは、本堂の右手を入ります。

13092601.jpg

13092602.jpg
ここから、あの、細く長い「棹」の元へ続くのでしょう。



棹飛堂は、岩が食い込んでいます。
13092603.jpg

13092606.jpg
お祀りの後ろは、「岩」



13092605.jpg

それにしても琵琶湖は気持ちいい。釣り舟、観光船。



尊敬するブロガーさんが 棹飛について書かれていますので是非ご覧くださいませ。
→ 「近江八幡 伊崎の棹飛」
関連記事
[ 2013/09/24 21:43 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(4)

ご紹介いただきましてありがとうございますm(__)m
尊敬だなんて(^-^;
その言葉そっくりyumeさんにお返しします(^-^)/

そういえば僕も棹飛び以外、この寺に行ったことがありません
静かでびわ湖からの風も爽やか・・・この季節に訪れたいところですね!!
[ 2013/09/27 16:27 ] [ 編集 ]

★dendoroubik さん

棹飛びの日と、それ以外の日では全く雰囲気が違うのでしょうね。。

京都のお寺、例えば「東寺」 弘法さんの日と、普通の日では全く違ってますもん。。
どちらにも魅力ありますね。

dendoroubik さんへのメール送信を失敗したままになっています。 明日また挑戦します(笑)
[ 2013/09/27 22:35 ] [ 編集 ]

父が昔、棹飛びに挑戦したのですが、すごく揺れて途中で引き返したと聞きました(笑)

わたしは極度の高所恐怖症(脚立も頑張って3段までしか上れません‥トホホ)なのでぜったいぜったい無理です(冷汗)
[ 2013/10/04 22:16 ] [ 編集 ]

★sho惑星さん

すごい!! お父様。挑戦しようという気持ちがまず素晴らしいじゃないですか。
でも。。。前へ進んだら、今度は引き返すのも恐いような気がします。もうそのまま琵琶湖にドボンするしかないかも。

高度恐怖症。
主人がそうです。観覧車も恐いから乗らないんですよ。娘たちが小さい時もいつも地上で写真を撮る役をしていました。ロープウェイも恐くって大騒ぎ、飛行機も怖い。。
空中通路のような造りも恐いんですって。
私は、棹飛びとかバンジージャンプなんかは、勇気ありませんが普通に人並みに高い場所に行けます(笑)
[ 2013/10/05 21:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2767-27f0fef5