FC2ブログ







「建部大社」 (滋賀県大津市)

ブロガーによる歴史探訪情報発信
【 旧南郷洗堰周辺からオランダ堰堤を訪ねて - 大津市 】
2013.9.29


【INDEX】


****************************************************

「建部大社」

オランダ堰堤からバスで20分。
再び瀬田川畔に戻ってきました。

瀬田の唐橋の近くにある「建部大社」


13101407.jpg

13101406.jpg


13101401.jpg






日本武尊(ヤマトタケルノミコト)を祭神とする近江一之宮。


13101403.jpg


13101402.jpg
755年に大己貴命を権殿へと奉祀された際に、一夜にして成長したと伝わる御神木 三本杉。
建部大社のシンボルです。



13101409.jpg
摂社。






13101404_20131006205748256.jpg

13101405.jpg

昭和20年8月に発行された、日本で始めての作られた千円札には、建部大社とご祭神の日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が図柄に使われています。
当時の最高額紙幣といいますから、その価値は相当だったものだと思われます。
ただ、この千円札、戦時中・戦後の混乱期の諸事情により、殆ど発行されないまま眠ってしまったそうで「幻の千円札」と言われています。
滋賀・建部大社が全国的に有名になるいい機会だったのに残念です。







13101408.jpg


瀬田の唐橋からちよっと歩いた、静かな場所にある 広々とした印象の神社です。




関連記事
[ 2013/10/12 21:53 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(2)

No title

建部大社は去年の今頃に行きました
さすが一之宮、大きな神社ですねー
日本初のお札の絵が建部大社と日本武尊とは知りませんでした。
ってこのお札、見たことないです(笑)
[ 2013/10/14 05:53 ] [ 編集 ]

★みえはるさん

このお札は、「幻のお札」と言われています。
ほんの少ししか流通しないまま、死蔵されてしまったそうです。その死蔵されてしまったものも今健在どうなっているのか。。
折角、滋賀が高額紙幣の絵柄になったのに惜しいことをしました(笑)
もし流通していたら、今頃、滋賀県も瀬田も大賑わいだったかもしれません。。
[ 2013/10/14 15:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2792-0e7664d0