FC2ブログ







伏見松本酒蔵と菜の花

 町のあちこちで黄色い菜の花をみかけるようになると行きたくなるのが新高瀬川沿の伏見松本酒蔵です。

0604283.jpg


この日はグループで写生をされていました。
趣のある酒蔵と黄色い菜の花(セイヨウカラシナ)その中にポツポツと日傘があるのもなかなかいい感じです。


0604284.jpg

0604285.jpg



0604282.jpg

0604286.jpg

関連記事
[ 2006/04/28 22:21 ] ---まちあるき--- 京都府 | TB(2) | CM(17)

長閑な画ですね~
こういうところを散歩するとさぞかし気持ちが良いでしょうね.
[ 2006/04/28 22:46 ] [ 編集 ]

ああ綺麗。。
木造の酒蔵、八角煙突、そして黄色い菜の花。
とても絵になりますねー。
いつかこの目でじかに見たいと思っている風景なのですが、いまだその願いは叶わず。
5月の下旬にこの辺りへ行こうと計画しています。
その頃には菜の花、もう咲いてないかなぁ。
[ 2006/04/28 23:05 ] [ 編集 ]

ああ、松本酒造だ。
会社から車ですぐのとこなのに毎年行きたいと思って
いるだけで行かず終い
菜の花にトラックバックさせてもらいます。
[ 2006/04/29 05:54 ] [ 編集 ]

行きたいけど・・行かなきゃ・・と思って未だに実現していないところの一つです。
伏見、と言うのはその昔は京とは別の町だったんで?
足が遠いのかも知れません。
[ 2006/04/29 07:20 ] [ 編集 ]

この間、とある場所で、こちらの奥様とお会いする機会がございました。かなりの時間お話をさせていただきました。ほんまに素晴らしいかたです。
わたしいっぺんで、ファンになってしまいました。
[ 2006/04/29 09:33 ] [ 編集 ]

こんばんは。
綺麗な風景ですねえ。
こころがほっこりする感じです。
そして、菜の花とぴったり
イメージの合った建築ですね!!
[ 2006/04/29 21:17 ] [ 編集 ]

★Neoribatesさん
はじめまして。ようこそおいでくださいました。
こちら、実際は近くに結構大きな道があって車が往来しています。
それでもこの河原におりると のどかな気分になれます。夕暮れに散歩なぞいいかもしれません。
これからもよろしくお願いします。

★えすさん
そう。。この煉瓦建築もいいですね。近代建築のリストにもあがっています。
五月下旬はどうでしょう? 近所の菜の花の状況を見ていくのがいいかもしれません。
でもこの界隈、少し行くととても風情あるいい町です。
是非どうぞ。

★kossyさん
会社のお近くなんですか。いいですねぇ。
自宅から公共交通機関を使って行くのは少し不便なんですよね。京阪でずっと行く三条で途切れて高くなるし、JR桃山からは少し距離があります。
この日は京都駅から近鉄に乗り換えました。

★sangoさん
市内からは少し距離がありますよね。
昔はこちらまで市電が走っていたそうで、映像を見たことがあります。
港町として栄えた伏見。今もとても風情あります。
十石船にも一度乗ってみたいと思いつつなかなかです。

★もちやさん
松本酒蔵の奥様とですか?
まぁ。。 そんなな素敵な方だったのですか。さすがですね。
そんな素敵な方とお話が合うもちやさんも素晴らしいです。

★一休さん
春。という感じの風景ですね。
こちら酒蔵があって、そして河原があって菜の花が咲いた。偶然の産物だからこそ、自然な暖かさを感じるのでしょうね。
[ 2006/04/29 22:58 ] [ 編集 ]

よく咲いてますね、菜の花。
京都で一番、自転車が似合う風景の一つです。
[ 2006/04/29 23:01 ] [ 編集 ]

★まささん
菜の花のかたわらに自転車。。 
自転車はどこでも絵になりますが、ここは最高ですね。
[ 2006/04/29 23:04 ] [ 編集 ]

リンクさせていただきました.今後とも宜しく!
[ 2006/04/30 00:34 ] [ 編集 ]

菜の花と木造酒蔵&煉瓦煙突、絵になりますよね。
外観も素晴らしい松本酒造さんですが、中の日本建築と日本庭園も素晴らしいんですよ~。
ご紹介頂いて、中を見せて頂く機会がありました。
酒蔵の内部を案内頂き、「桃の滴」などがセットになった「酒懐石」をお土産に頂いちゃいました。
TBさせて頂きました!
[ 2006/04/30 13:45 ] [ 編集 ]

★Neoribatesさん
ありがとうございます。
ところが。。URLをクリックしてもNeoribatesのブログに飛べないんです 涙。
是非 ご訪問させて頂きたく思っています。 もう一度記入よろしくお願いします。

★くみちょーさん
中の様子を紹介したサイトがあり見せてもらいました。
私の基本精神は「外見」より「中身」

やっぱり内部が素敵だからこそ あそこまで風格があるのでしょうね。
[ 2006/04/30 20:29 ] [ 編集 ]

伏見にあるんですか~いい所ですね(^^)
伏見といえば伏見稲荷しかイメージがなかったんで、このよーな風景があると知ったら、無性に行きたくなっていますよ(笑)
GW行けるかなぁ~?人多そうだなぁ~。
[ 2006/05/01 22:36 ] [ 編集 ]

★うさこさん
GW確かに人は少し多いかもしれませんが、わんさか~ってことはないと思いますよ(笑)
ここは伏見稲荷からは少し離れています。
近鉄「桃山御陵」か京阪電車「伏見桃山」で降りて アーケードのある商店街を歩いてそのまま歩き続けて暫く行くとこの景色に出会えます。

周りには「寺田屋」をはじめ いいところがいっぱい。半日、一日いても飽きませんよ。是非是非。
[ 2006/05/02 23:09 ] [ 編集 ]

菜の花、刈り取られずにちゃんと咲いてますね。良かった良かったi-179
私はこの風景をナマで見たことがありません。
絵葉書にして送りたいくらいですね。
[ 2006/05/03 09:57 ] [ 編集 ]

ここの景色と建物、綺麗ですよね。
私は仕事で近くを歩くたびについつい寄り道してしまいます。
[ 2006/05/19 11:07 ] [ 編集 ]

★てくすけさん
お返事遅くなってしまってごめんなさいね。
菜の花 画像にうつってる範囲は刈られていなかったのですが、酒蔵に近い部分、去年あったはずなのに今年はありませんでした。どうしてなんでしょう?

撮影の上手な人が撮ればもっと素敵な画像になると思いますよ。
夕暮れ時なんか、とっても綺麗でしょうね。

★Monticolaさん
わかります。綺麗な風景を見たくって回り道、寄り道。
お近くにお住まいなんですね。うらやましいです。
[ 2006/05/19 22:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/280-cecf8fb4


京都伏見・松本酒造「万暁院庭園」

京都伏見に春が訪れると、東高瀬川の菜の花と松本酒造さんの木造酒蔵・煉瓦煙突を思い浮かべる。 「日出盛」や「桃の滴」で有名な松本酒造さん。 松本酒造さんは、寛政3年(1791年)、初代松本治兵衛さんにより京都市東山区の地で酒造りをはじめられた。
[2006/04/30 13:41] URL 京都人ブログ2

伏見 酒蔵にセイヨウカラシナ

京阪・伏見桃山駅から大手筋を西へ歩いていくと松本酒造があります。その前を流れる新高瀬川の提にはこれからセイヨウカラシナ(菜の花と同種)が見頃を迎えます。
[2006/04/30 22:07] URL 京・壷螺暮(こらむ)2006