FC2ブログ







「たびたび城たびin兵庫」 鳴門のうずしお

【兵庫・ブロガー100人戦国トリップ】


≪ノスタルジックアイランド淡路≫

鳴門のうずしお

「うずしお」と言うものを知ったのは、小学校の低学年の頃だったでしょうか。
NHKの朝の連続テレビ小説が「うずしお」で、オープニングでうずしおの映像が流れていたような気がします。

 高校を卒業した春の友達との四国旅行。勿論まだ明石海峡大橋も大鳴門橋もなく、四国へ行くのは船しかなかった時代。 何故か 三宮から鳴門までのジェット船のようなものに乗って四国入りしました。 あの頃はたくさんの航路があったのでしょう。
 鳴門に着くと「うずしお観光」を最初の楽しみにしていたのですが、見ていたのは高台からでした。
船からうずしおを見ておられる様子をどこの高台だったからか見ていました。
 あの頃も、旅の計画は私の担当でしたが 今思えば あれはなんだったのか。。。


 淡路島の南端まで来れば、やはり鳴門のうずしお。
あの時の「なんだったのか?」のリベンジ。今度こそしっかりと船から見ようと思っていたのですが。。

 台風が接近中となれば、船が出るか出ないかがまず問題。

13111601.jpg
福良の町を、びしょ濡れになって歩いた足で、うずしお観潮船乗場うずしおドームなないろ館に行って確認。


13111602.jpg

よくわからないので、乗り場に行って確認すると「とりあえず朝の便だけは出ます」との返事。


やったぁ~!!。。。。って事もない、果たして、うずしおは見えるの? 船は揺れない?
不安が半分。

13111605.jpg

そう、潮見表で「期待度大」の日、時間帯に合わせて旅行の日程を決めてきたんですもの。
でも、台風じゃなあ。。。



13111603.jpg

13111606.jpg
宿泊していた「やぶ萬旅館」さんで割引チケットを買ってきました。



13111604.jpg
航路は福良港を出て大鳴門橋の下まで行って帰ってきます。




13111607.jpg
乗船の日本丸。

13111609.jpg
定員700名。
乗船したのは、鳥取からいらしたと言う3人のご家族さんと私だけ。。 乗船率何パーセント? 台風が来ていちゃねぇ。。


13111612.jpg
晴れていたら、船から見る海も淡路島も四国も綺麗だったでしょう。
大鳴門橋の下にやってきました。

うずしおは、月と太陽の引力・地球の自転・海流そして、鳴門海峡の地形など様々な自然現象によって生まれます。




13111610.jpg

13111611.jpg
あ、ぐるぐる渦巻いてる、これがうずしおやね。

13111614.jpg

13111615.jpg



なんとか、うずしおを見る事は出来たようです。

13111616.jpg
再び福良港に戻ってきました。


船を降りると、朝 出航するかどうかお尋ねした人が 「うずしおわかりました?」と聞いてくださいました。
「ぐるぐる渦まいていましたからあれでしょ?」
「そうですかぁ。。見られましたか、良かったですねぇ。 船はこの便で欠航になったんですよ」とおっしゃいました。


 雨はともかく、風があると、うずしおは見えない事が多いようです。
この荒天で、船が出て、うずしおを見る事が出来たこと、運が良かったと思いましょ♪

関連記事
[ 2013/11/15 15:20 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(4)

No title

渦潮そんな大きくないですね。
2000円ですか、私いったときはもっと安かったですね。
私は大きな渦潮みました。
[ 2013/11/15 18:18 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

台風の風で、うずしおがかき消されていたようです。
船を降りてから受付のの方が「風があったけど見えました?」と聞いてくださった位ですから、なんとなくでも見えたら「良し」という天候だったんですね。。

今でも雨の日は淡路島旅行の悔しさが蘇るんですよ。
晴天だとこんな日だったら良かったのに。。と
[ 2013/11/15 22:30 ] [ 編集 ]

鳴門の渦潮

台風の中で、渦潮が見られたなんて奇跡ですね。

私は、きっと無理だと思ってましたよ。

台風の時でも、こうして渦潮は回っているという貴重な写真ですね。
[ 2013/11/15 22:59 ] [ 編集 ]

★merry さん

ありがとうございます。
雨ではうず潮の出来具合は殆ど変わらないそうですが、風があると変わってくるのだそうです。
まず、船が出るかどうかが、前日からの心配でしたが、なんとか私の乗る船だけは出てくれました。

台風の中、船に乗ってうず潮を見たなんて貴重な思い出になりました。
[ 2013/11/16 21:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2833-d1c7cd4f