「たびたび城たびin兵庫」≪ノスタルジックアイランド淡路島≫  今度淡路島へ行く時は♪

【兵庫・ブロガー100人戦国トリップ】


≪ノスタルジックアイランド淡路≫

今度、淡路島へ行く時は♪


13112702.jpg


 南あわじの、うず潮観潮船乗場で一目惚れして買った「たこのぬいぐるみ」
なんともひょうきんで、かわいい顔。
たこのぬいぐるみって珍しいですよね。

 何故にたこのぬいぐるみ?
淡路島、特に北部はタコ釣り客で賑わうほど、タコがたくさん居ます。
廃止となったフェリーの愛称が「たこフェリー」であったのも頷けます。
 残念ながら、淡路島滞在中にタコを食した事はありませんでしたが、「淡路島に行ってきました」土産で、印象に残るはず♪

13112701.jpg
親戚や娘にはこちら。

四方を海に囲まれているだけあって海の幸に恵まれています。。


 「ノスタルジックアイランド淡路島」という旅タイトルをつけたのは、勿論、洲本・福良・岩屋の町に昭和がそのまま気持ちよく残っていたからです。
 意図せずになるべくしてそのまま自然に残った昭和があり、洲本の町の中心では、繁栄期の遺産を生かした新しく明るい町づくりがされていました。
大規模な再開発をされる事なく時を過ごした淡路島は、背伸びせず気取らず暮らせる町だろうと思いました。
 さらに ノスタルジック感を大きくしたのは、台風接近中の荒れた天候であった事もあります。特に二日目の南あわじは大雨でした。



 四方を海に囲まれた島です。
青空の下なら、どこも海岸線が美しく、朝陽も夕陽も綺麗だったはず。



 今度行く時は、淡路島に海を感じに行きましょう!!
淡路インターの観覧車から明石海峡大橋、瀬戸内海を見下ろしましょう。
淡路島の南東部に沿うように伸びた成ヶ島、
南あわじからさらに船で10分の沼島で宿泊してみたい。
岩屋の絵島をすっかり見ないとなぁ。

13112703.jpg
南あわじからの船。

13112704.jpg
洲本港の乗場。

 次回は淡路島の魅力を違った角度から感じたいものです。






 洲本城までのタクシーの運転手さんに
「明石海峡大橋が出来て便利になったでしょう?」と言うと
「いやぁ 四国の人が便利になっただけや、淡路島は橋桁(はしげた)やと言われとったからなぁ。。」

四国-鳴門大橋-【淡路島】-明石海峡大橋ー本州

なるほど、高速道路で結ばれてしまっていますから、橋が出来ても淡路島は通過点でしかないかもしれません。
逆に橋が出来てしまった事で、寄り道をする事がなくなってしまったのかもしれません。

 岩屋のおじさんが「岩屋はさびれていくばかりや」とおっしゃっていた事情にも納得です。

 そんな事言わずに、元気でやりましょ。
人が多く集まる町がいい町であるわけではありません、大きなビルが建ち並んでいる町がいい町であるわけではありません。
 みんなが、自信を持って元気で生きて行けたらいいですもんね。

 また、お邪魔します♪






 淡路島へ旅立った日からちょうど一ヶ月。
長らく記事を書かせて頂きました。

 何故 記事を書くか。
今回は「たびたび城たびin兵庫」のブロガーであった事もありますが、そうでない時も、殆ど毎回ブログ記事にしています。
こんなところへ行ってこんな物を見てきました、こんな物を食べました、こんな素敵な旅でした。。と興味ある人と共有したいから。。
 そして、何より旅の思い出を確実なものとして自分の中に入れたいからなのです。
詳細な部分まで、形にする事は記録になり、自分の中に入っていきます。
旅を十分に楽しむ。。 

ブログにはそんな楽しさがあります。

関連記事
[ 2013/11/24 16:48 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(3)

No title

私は兵庫県出身なのですが、淡路島はほぼ手つかずで宿題として残したままです。なかなか行く機会はないぼですが、仕事の関係で淡路瓦にも興味がありますので今度帰省した時にでもお邪魔したいです
[ 2013/12/02 23:28 ] [ 編集 ]

★うてきなぷりぱさん

淡路瓦ですか。。 瓦は注意してみませんでした。 何か特徴があるのでしょうか?
時間はしっかり見てきます。
淡路島って兵庫県の方にとって、どんな存在なのでしょう?
[ 2013/12/03 21:24 ] [ 編集 ]

No title

淡路瓦は日本三大瓦といわれる一大産地です。鬼瓦が有名ですね。私の勤務する会社ではこの鬼瓦を利用した商品がございます。

兵庫県人にとって淡路島はそうですね、滋賀県民の方にとっての竹生島といったところかな。
[ 2013/12/04 21:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2845-539e5a70