「湖東の鉄路 -近江鉄道の誕生と愛知川駅ー 」於愛荘町立歴史文化博物館 (滋賀県愛知郡愛荘町)

13120401.jpg



 「湖東の鉄路 -近江鉄道の誕生と愛知川駅- 」2013年12月15日まで、愛荘町立歴史文化博物館に於いて開催されています。
湖東三山金剛輪寺駐車場から参拝受付所に向かって左手にあります。

13120402.jpg


博物館の別館。
私一人の貸切状態でした。
近江鉄道の誕生については詳しく知る機会に、恵まれなかったので、しっかりと拝見、見学させて頂きました。
残念ながら、撮影禁止のため、画像はありませんが 近江鉄道の「近」の文字の入った鬼瓦や、設立に至るまでの資料が展示されていました。

ご興味のある方は、是非どうぞ。。 日曜日までです。


平成11年に建替されるまでの愛知川駅の写真も展示されていました。。
一度この目で見たかったなぁ。。





13120403.jpg

左は展示解説図録、右は資料です。

いいものを手に入れる事が出来ました。

関連記事

えしょう or あいしょう

あいしょう町なんですね。えちがわとごかしょうが平成の大合併であいしょうへ、、ですね。えしょうじゃないんですね。愛荘町は滋賀県唯一の町なんですね。余談ですが平成の大合併で広島県から村が無くなりました。なんだかなー歴史ある地名は残して欲しいと思うのは私だけでしょうか。そういえば近江鉄道は宿題で残したままです。
[ 2013/12/08 21:22 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/12/09 10:00 ] [ 編集 ]

★うてきなぷりぱさん

愛知川と書いて「あいちがわ」でなく「えちがわ」と読ませる由来からすれば、「えしょう」と読ませるのが自然な流れのような気がしますよね。
愛知郡にあった、愛東町(あいとうちょう)が東近江市になってしまったので、あがきでしょうか??

地名の由来を紐解くのは楽しいですが、新しく出来た地名の由来、読み方の由来も知りたいですね。

愛知郡には「愛荘町」しかないというのも不思議です。

いずれにせよ、平成の大合併で、たくさんの地名が消えてしまいました。
私もとても残念に思っています。。寂しい限りで、新しい表示で言われてもいったいどこなのかわかりません。
後世では消えてしまってるなんて。。やりきれないですね。

[ 2013/12/09 23:09 ] [ 編集 ]

No title

愛荘町は 愛知川と秦荘が合併したんです。
えちがわ と言わずに しらない 方は あいちがわ といいましたね。

 秦荘は 名神のPがありましたが、11月からは湖東三山Pに変わりました。 金剛輪寺は秦荘町でした。
 それと堤庚次郎の生家のあるところです。
[ 2013/12/09 23:48 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

さすが、なんでも詳しいですね。
私は滋賀の事を知らなすぎます。

JR沿線でないので、余計に身近に感じないのだろうと思います。
[ 2013/12/10 20:48 ] [ 編集 ]

博物館の入口、すぐ分かられましたか。
わたしは下の駐車場に止めて、それから入口が分からず建物の周りをうろうろ‥ 結局、学芸員さんに電話して外へ出てきてもらいました~羞し‥
しかも、某携帯会社は電波状況が悪く、電話もなかなか通じなかったという‥

図録、手に入れられたんですね♪
グッズは買われましたか。
[ 2013/12/11 18:53 ] [ 編集 ]

★sho惑星さん

金剛輪寺の参道に入ってからありますものね。
まずタクシーを降りて、売店やトイレのある方に歩いてみて、どうやら建物らしきはないし。。
でも地図は金剛輪寺の至近だったし。。
売店の人に聞くのはちよっと。。だし。  拝観受付所で聞きましょ。。と拝観受付所まで行くと、左手に見えました。
でも? 金剛輪寺の拝観料を納めないと入れない? 
恐る恐る博物館に向かうと金剛輪寺とのセット券がどうの。。
拝観受付所に戻って詳細をお聞きして、ようなく 博物館に入れました。
あまり時間がなかったので、とりあえず、奥の展示会場まで行って、貸切状態でゆっくり見せて頂きました。
グッズも欲しかったのですが、図録が優先でした(笑)

悔やまれるのは、愛知川駅で、びんてまりのストラップを買わなかった事。。
かわいいですよね。。
[ 2013/12/11 19:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2853-549750b2