砂の美術館 (鳥取県鳥取市)

<山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー 2013後期>

「砂の美術館」


13121904.jpg

鳥取砂丘の一番賑やかな場所と言えば、やはり馬の背のあるあたり。イリュージョン会場もその周辺でした。
賑やかな場所から5分ばかり西南へ歩いた所にあるのが「砂の美術館」



13121901.jpg


13121902.jpg


日本で唯一「砂」を素材にした彫刻作品を展示する美術館です。

13121903.jpg

2008年から「砂で世界旅行」をテーマにした展示がされてきて、今期は「東南アジア編 王朝の栄華とよみがえる神秘の国々」です。


13121921.jpg
二階から、美術館全体を見下ろすとこんな感じ。
それぞれの砂の像が、かなり大きい事 おわかり頂けるでしょうか?






エントランスから入って、まず 目に飛び込んでくるのがこちら。

13121908.jpg
「バコダと僧侶たち」
バコダは、ミャンマーのヤンゴンにある仏塔だそうです。

13121909.jpg

13121913.jpg

13121914.jpg

前から、横から、後ろから。。 どこから見ても綺麗な鋭さを感じました。






「フィリピンのバロック様式教会」
13121910_20131222212816306.jpg

13121911.jpg




「マラッカ海峡とシンガポール」
13121912.jpg





「王に捧げる舞踏」

13121920.jpg

13121915.jpg





「熱帯雨林に潜む動物達」
13121917.jpg

13121919.jpg

13121918.jpg

館内には、アジアンミュージックが流れ。。神秘的な空気が漂っていました。





13121922.jpg

13121923.jpg
屋外にあるこちらの像は鳥取砂丘の砂で作られているそうです。



パンフレット
13121924.jpg
13121925.jpg





制作の様子がパネル展示されていました。
13121906.jpg13121905_s.jpg




砂場でトンネルを作る事がどうしてもできなくって、男子が共同作業で貫通させている姿が眩しかった。。
砂の美術館で見た 砂像は、その何十倍も大きく精巧で。
砂でこのように繊細な表現ができるんだと。。驚きました。

珍しいものを見ました。

鳥取砂丘へ行ったなら、是非「砂の美術館」に立ち寄ってください。。。。
たとえ小さなお子さんでも、心に残ると思います。


砂の美術館公式サイト

関連記事
[ 2013/12/26 21:01 ] ---まちあるき--- 鳥取県 | TB(0) | CM(4)

No title

よく鳥取にはいくのですが、砂の美術館の会館時期とあわないんです。
また以降とおもっています。
[ 2013/12/27 01:27 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

会期は長いようですが、ご自分の都合もありますものね。
是非、一度 見てください。。 砂でこんな立派で細かいものができるのかと驚きます。
[ 2013/12/27 23:10 ] [ 編集 ]

どんな足場を組んで造らはるんでしょうね。
写真だけでも感嘆するのに、実物を見られたyumeさんの感動はすごかったでしょう!
[ 2013/12/28 11:17 ] [ 編集 ]

★sho惑星さん

「サンドアート」というものは時々テレビで見たりした事があったのですが、ここまでの砂像を見たのは始めてでした。一定期間形を保とうとするには、いい具合の湿気も必要でしょうね。
是非、一度ご覧くださいね。
[ 2013/12/28 22:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2869-ed977e81