FC2ブログ







「白兎神社前バス停~西」 (鳥取県鳥取市)

<山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアーツアー 2013後期>

「白兎神社前バス停~西」

乗放題手形を手にして、最初に目指すのは「白兎海岸」
13122215.jpg

13122216.jpg



鳥取駅10時45分発 白兎神社前バス停11時20分着。
鳥取市内の中心を抜け、海岸線を通ります。
所要35分ですが、意外にも白兎海岸は鳥取砂丘の西端になるんだそうです。 鳥取砂丘って砂地が見えているところだけじゃないんですね。。



13122202.jpg

≪ 白兎海岸は、昔 淤岐ノ島(おきのしま)に流されたうさぎがワニザメをだまして気多の崎まで渡ろうとしたが、だまされたことに気がついたワニザメに皮をむかれて苦しんでいる時に、大国主命が通りかかり「真水で身体を洗い、ガマの穂にくるまっていなさい」と言われ完治したという神話「因幡の白うさぎ」の舞台といわれています ≫





13122213.jpg
砂浜に、ぽつんとある石灯籠。なんとも神秘的な風景です。

13122205.jpg
よーく見ると石灯籠の回りには岩が見えています。
砂浜に少しだけ顔を出した岩で安政5年(1858)に地元の若い衆によって、岩の上に石灯籠が建てられたのだそうです。

13122204.jpg




13122203.jpg

13122212.jpg
右に見えている島は淤岐ノ島(おきのしま)

左が気多岬
「いなばの白兎」では、淤岐ノ島(おきのしま)に流されたウサギは気多岬に渡ろうと、ワニを騙したのでした。





砂浜を西へと歩き、遊歩道に沿って歩いていると案内板に出会います。
13122207.jpg

13122217.jpg
ちょっと急な坂道を登ると、気多の岬前展望広場に到着。


13122214.jpg

13122209.jpg

日本海を眺めながら愛を誓うなんてロマンチックでしょうねぇ。
ましてや、人っ子一人いない冬の海をみながら。。。

海水浴客が居なくなった秋の海。。 いぇ 荒れ狂う冬の海に憧れてきました。
その激しさと、冷たさの鋭利な感じが好き。。。
ずっと、こんなシチュエーションを夢見てきました。。

 その場に立つと本当に寒い。12月と言えども鳥取の日本海はとても寒かったです。






目の前の日本海。どこまでも続く海岸線。
13122210.jpg




13122509.jpg


関連記事
[ 2013/12/28 20:14 ] ---まちあるき--- 鳥取県 | TB(0) | CM(2)

No title

白兔海岸行ったことはありますが、地下道をこえて海岸にいっただけです。よく岬までいかれましたね。もちろん人にはあわなかたんですよね。
[ 2013/12/29 17:52 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

道の駅、陸橋が出来、白兎海岸周辺は最近綺麗になったのだと思います。
地下道もあったんですね。写真を見て気がつきました。 地下道には昭和の香りが漂っていそうなので行くべきでした。。(笑)
この日は吹雪に近いものがありました(笑)
それでも白兎神社には一組に若い女性二人組。白兎海岸には若い男性が一人歩いておられました。

吹雪の日本海。寂しく物悲しいものがありました。

でもそれも魅力でした。。。

[ 2013/12/30 22:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2874-5314e884