「洋菓子のモンレーブの“ふなずしパイ”」  (滋賀県守山市)

<滋賀・湖南4市PRモニターツアー>

「洋菓子のモンレーブの“ふなずしパイ”」

大庄屋 諏訪家屋敷からバスで10分。「洋菓子のモンレーブ」
守山駅から歩くて5分
大型バスを停める場所がないからと 洋菓子をバス車内で配ってくださいます。

14030201.jpg

14030202.jpg



14030203.jpg
社長さんも車内でお話。



14030204.jpg
14030205.jpg
滋賀県産のスイートポテトをバターケーキ風に焼き上げた「もりやまポテト」
お芋の香りとバターの風味が溶け合ったしっとりケーキでした。
マロン、小豆、紫芋の3種類の味があります




そしてそして「ふなずしパイ」



<守山新逸品 「ふなずしパイ」>

 守山のお土産としてはもちろんのこと、滋賀県土産としてご利用いただきたいとと、モンレーブが自信を持ってお薦めいたしております。

 ふなずしパイは、びわこの名物「鮒ずし」をパイ生地に入れて焼き上げたものです。
鮒ずしは「くさい、腐っているのでは」と感じるほど特有の香気と強い酸味のある品です。これを「誰にでもべられるように」との思いから、商工会の活性化事業の一つとして商品開発に取り掛りました。守山一店逸品研究会のメンバーが試を繰り返して研究、改良を重ねた結果 出来上がった ふなずしパイです。 平成14年9月に守山新逸品として発表したところ、テレビ・ラジオ・新聞等々に数多く取り上げられ、話題になりました。



「何か滋賀県の特産となるものは作れないか」と試行錯誤されたとの事、浜松のうなぎパイをヒントに「ふなずしパイ」を思いつかれたそうですが、製品化するのは並大抵でなかったとのお話をしてくださいました。


14030210.jpg

14030207.jpg

14030209.jpg

「原材料」の中にきちんと「ふなずし」と明記されています。
滋賀県民でありながら、あの臭いだけで逃げ出してしまう、勿論一度もべた事ありません。
どうしたものでしょう。。
恐らく、こういう場でなければ決して封を切ることはありません、甘党の私でも決して手を出さないであろうお菓子ですが。。 ブロガー・モニターとして参加させて貰っている以上そんな訳にも行かず。。
勇気を出してべてみましょう!!

14030208_2014030321472033f.jpg
これは「フナ」の形? 違うなあ。。フナはもっとまるっこいよなぁ。。なんて気をそらしながら。。

パクッ。 
ん? 癖はありません。
サクサク感が強い。チーズパイのような塩味のパイ。これはなかなか。。いいかもしれません。
最後の酸味がアクセント。

これ、多分「ふなずしパイ」と言わなければ、ふなずし嫌いの人も、「おいしい!!」ってべてしまうはず。。♪


 でも「ふなずし」が“売り” ですもの。
「チーズパイのようにおいしいですよ」って一言添えて、好奇心旺盛な人に差し上げたり、お土産にするの最適だと思います。

 県内には、何種類かの「ふなずしパイ」があり他を試した事はありませんが、モンレーブさん。おいしいです♪

このお味で1枚100円というお値段も嬉しいです。



14030211.jpg
こんなにたくさんのお土産も頂いてしまいました。










 実は、私 モンレーブさんのファン。
娘とスィーツ巡りをしている時、昭和の香りのする「モンレーブ」のケーキが大好きになりました。
大津からは少し距離があるので、なかなか行けないのですが、私や主人の記念日には娘がわざわざ買ってきてくれるんです。

→ お誕生日のバタークリームケーキ

つい先日の主人の誕生日も、「モンレーブ」のケーキでした♪
14030212.jpg

1978年開店・地元密着の洋菓子屋さん。
昭和のケーキを守りつつ、新しい商品の開発にも励んでおられるお店。
ますます 好きになりました。


→ 洋菓子のモンレーブ

関連記事
[ 2014/03/05 21:47 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(2)

ケーキも気になります(^^)

ふなずしパイ、本当にちょうどいい塩気で美味しかったですね。

モンレーブさんのケーキ、どんなものを作られているんだろうとも気になっていたのですが、お写真のケーキもとっても美味しそうです!栗大好きなので、一乃もほしくなりました(^^A)

バターケーキの記事も拝見しましたが、まるで花束のような美しいケーキ!そして珈琲コーティングなんてこっていますね☆

ご両親のお好みのケーキをご注文なさるなんてお嬢様のお気持ちも素敵です。
[ 2014/03/06 21:03 ] [ 編集 ]

★藤南一乃さん

コメントありがとうございます♪
「ふなずし」。。。と恐る恐る食べてみましたが、チーズパイのようで本当に美味しかったですね。
県外の人へのお土産にすれば注目してもらえるし、話題になりそうです。
もっと宣伝しなければ♪

こちらのケーキ、いまどきの、カタカナの難しい名前のついたお洒落すぎるケーキとは違います。
私たちが、ケーキに憧れた昭和のもの。お誕生日とクリスマスにしか食べる事の出来なかった時代の姿をしています。
こういうケーキ屋さん少なくなったので、私には貴重なお店です。
[ 2014/03/06 21:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2920-149d61fa