「大庄屋 諏訪家屋敷」<滋賀・湖南4市PRモニターツアー> (滋賀県守山市)

<滋賀・湖南4市PRモニターツアー>

「大庄屋 諏訪家屋敷」

 大庄屋 諏訪家屋敷は、守山市赤野井町。湖岸から2キロ程入った場所にあります。
諏訪家は、室町時代のはじめ、足利尊氏に従った諏訪円忠の子孫で、中世にはこの一帯の地頭を勤め、江戸時代には大庄屋となり、明治初期には郡長をも勤めました

14021904.jpg

14021905.jpg

昔ながらの風情ある町並が残る赤野井。釈迦堂川沿を少し入ったところに諏訪家はあります。





14021907.jpg 14021906_s.jpg


「主屋」
主屋は入母屋造、茅葺屋根の大型農家住宅で、棟は南北、東向き平入りです。
内部は、土間と畳部屋がぼほ半々で、玄関を入ると「おもてにわ」「にわ」があり、土間には女部屋や風呂、おクドさん(カマド)があります。
畳部屋は「だいどこ」「なんど」「おいま」「仏間けなどがあり、にわの土は「つし」となっていて、茅を保存する空間となっています。「つし」から合掌組みがみられます。
14021920.jpg
14021913.jpg




「書院」
入母屋造、茅葺屋根
接客用建物南向、玄関に式台が付設され、内部は玄関座敷、中座敷、奥座敷がL字に配置され、各部屋に床の間があります。玄関座敷の右手に2畳の間があり、従者の待合室になっていました。
14021910.jpg

14021908.jpg
14021909.jpg


「茶室」
茶室は明治になって大津円満殷から移築したもので、上段の間が設けられ、縁が付設されています。元禄12年の銘のある瓦が葺かれていました。
14021916.jpg


14021917.jpg
面白いのは、琵琶湖から舟でここに着き、お茶の楽しんでいたというお話。
なんとも風情があって優雅な遊び心を感じます。


14021912.jpg 14021910_s.jpg

(参考 守山市教育委員会発行 パンフレット「守山市指定史跡 大庄屋諏訪家屋敷」)







14021918.jpg


関連記事
[ 2014/03/04 14:45 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(1) | CM(2)

諏訪屋敷

yumeさん。

もう諏訪屋敷の記事を書かれたのですね。早い~

このような文化財の記事を書くのは難しいですね。

その点、いちご狩りの記事は書きやすかった・・(笑)


私は二日おきに、ゆっくりアップします。
[ 2014/03/04 21:40 ] [ 編集 ]

★merry さん

モニターツアーに参加させて頂くのは良いけれど、ブログ記事が大変(笑) いつものことですね。
表現力があればいいのですが、うまく伝えられずにヤキモキしたり、説明をきちんと自分のものにしてなかったりで、自己嫌悪に陥ってしまいます。。

でも今回は、食べ物の記事が多いから楽かなぁ。。


それでも、なおモニターツアーに参加しすぎていて(笑) つぎのモニターツアーの記事やら、頼まれているリポートがあったりで忙しくって。。

[ 2014/03/04 22:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2923-511ecc98


-

管理人の承認後に表示されます
[2014/03/05 09:07] URL