FC2ブログ







東海道と中山道の分岐点 「草津宿」 <滋賀・湖南4市PRモニターツアー> (滋賀県草津市)

<滋賀・湖南4市PRモニターツアー>

「東海道と中山道の分岐点 草津宿」


JR草津駅から南方向に歩いて10分、このトンネルの上には昔草津川が流れていて今も「天井川」との名前で呼ばれています。
トンネルの左(北)が中山道。トンネルの右(南)が旧東海道。

14030506.jpg






14030501.jpg

14030502.jpg

14030504.jpg 14030503_s.jpg





「草津宿本陣」は現存する最大級の本陣。
平成の大修理を終え、当時の姿のままに蘇っています。

14030417.jpg

14030505.jpg

 -折角、入館したのに、お雛様に気を取られてしまって部屋構造等を殆ど見ていません。
やっと、建物そのものの写真を撮っているのは、お雛様の展示がなくなってからです。 見るべきを見失ってはいけませんね。。
 と、反省はそこそこにしましょう-

建物は街道から向かって右側に本陣職田中家の住居棟、左側にに休泊者のための座敷胸があります。
中央に式台を持った玄関があり、その先には長い畳廊下が延びていて、畳廊下の両側に従者、最も奥の正面に主客の休泊する部屋=「上段の間」ががあります。

14030418.jpg



さらにその奥には、主客専用の湯殿と、雪隠(お手洗い)があります。

14030401.jpg



14030402.jpg
14030403.jpg
かまどのお湯を沸かして、運んでここで湯浴び。
大名などの主客用のお風呂と言いますから、当時の庶民はどのようにしていたのだろう?と考えてしまいます。



14030404.jpg

14030405.jpg

畳敷のトイレとは、大名らしいです。





14030406.jpg

14030408.jpg

かまどの数も多く、土間もかなり広いものでした。



14030407_20140304225257b28.jpg



→ 草津宿本陣
関連記事
[ 2014/03/06 22:26 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2925-70c0fdc7