姫路駅前昭和風景<中播磨旅モニターツアー> (兵庫県姫路市)

#昭和レトロ
<中播磨旅モニターツアー>

 今回一緒に周ったのは、 何度もご一緒して頂いているぷにょさん。 
彼女は私より10歳以上も若いのですが、とても頭のよい女性。今回の旅が最近の旅で一番充実していたと言える程の素晴らしいものとなったのは彼女のおかげです。
方向音痴な私と違って、感覚で町を歩ける人。優柔不断な私と違って、的確な判断が素早く出来る人。物怖じしない人なつっこいかわいい性格。。 私にないものをいっぱい持っている女性です。

 姫路駅前に、こんな風景が隠れているとは、思ってもいませんでした。
「駅前にも、いい感じの町並みがあるんよ。。」と。。

ぷにょさんと私にとって「いい町並み」と言うのは、決して一般的な整備された綺麗なものではなく、「そのまま」が残っている所。。 マニアックな程に「そのまま」に惹かれる気持ちは、二人一緒で、だからこそ何度も一緒に旅をしているのです♪

 姫路駅前を西方向に歩くとすぐ、「いい町並み」が始まります。

14031001.jpg

14031003.jpg


14031009.jpg


14031004.jpg


14031006.jpg



14031013.jpg


14031012.jpg


14031011.jpg


14031014.jpg






14031010.jpg

14031015.jpg
「クリープを入れないコーヒーなんて。。。」
流行りましたねぇ。。
何かと言えば、「クリープを入れないコーヒーなんて」と言っていたものです。
クラスから、児童長の選挙に立候補する男の子を推薦する言葉は「クリープを入れないコーヒーなんて、○○君の居ない長等小学校みたい。。」でしたが、恐らく日本全国このような引用をしていたのでしょう。
クリープ?
まだありますよ。
液体フレッシュが主流となってしまいましたが、保存性のいい粉末は家庭で使うには経済的。クリープは他のものと比べるとちょっと高めですが、粉末クリームの中で唯一、乳製品だけから出来ています。
決して クリープ屋さんの回し者ではありませんが、ロングセラー商品のクリープが消えずに残っている事を嬉しく思っています。
こちらを見るとなかなか楽しいものです。 →  ミルクをぎゅっとクリープ






こんな風景に溶け込むように、アーケード商店街がありました。

14031005.jpg

14031007.jpg


14031016.jpg


昭和30年代。戦後の混乱から立ち直り、日本がまっすぐに伸びて行こうとしていた時代。
この商店街は、そんな人々の日常を支えていたのでしょう。。
大津市のアーケード商店街がそうであったように、歩けば人に当たる位に賑わいを見せていたはず。。

アーケードの屋根の色なんでしょうか。商店街に赤い光が差しているのが、いっそ昭和の輝きを感じさせてくれていました。



黒田官兵衛一色の姫路の町の一角にこんな場所があります。。。。。




中播磨旅モニターツアー INDEX

関連記事
[ 2014/03/14 08:01 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(1) | CM(4)

恥ずかしい・・・

ちょっと、いや、かなり褒めすぎですよ、恥ずかしいです。。。(苦笑)
これを読んだ人は、実物を見たらガッカリ、、、となりそうです(爆)

中播磨の旅、楽しかったですねぇ。
こういう機会に誘って頂かなかったら、こんなに近場で泊まって
ゆっくり見ようという考えもなかったですから。
行きたかった家島にも行けたし、美味しいものも食べられたし
一人で計画して行く旅とは違う楽しさがありますね。
また行きましょ!
[ 2014/03/14 14:01 ] [ 編集 ]

No title

いいですね、気のあったともだちと。
列車もお互いによくしっておられますね。

中播磨はスマートフォンがないのでやめにしたのと、友達もいないので、やめました。

でも姫路は古いまちですね。湖岸の製鉄所だけかとおもっていました。
[ 2014/03/15 01:05 ] [ 編集 ]

★ぷにょさん

決して 褒めすぎなんかじゃありませんよ♪
ぷにょさんと一緒の旅はいつも倍以上楽しいです。
趣味が一緒で、私より観察力があるでしょ。。 私は いつもより大きく感動してしまいます。

本当に楽しい旅でしたねぇ。。

「一人旅」派でしたが、決してそうじゃなく、趣味や好みが一緒なら楽しいって事 ぷにょさんさ一緒だとわかります♪

今度はどこに行きましょうかねぇ。
[ 2014/03/17 21:32 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

今回の募集はいつもと違って、リアルタイムの発信でしたから常連さんも応募をためらわれた方が多かったように思います。
逆に、瞬間の発信だけでいいので楽だという人もいらっしゃるでしょうね。

姫路は、「姫路城」位しか知らなかったのですが、面白い場所がたくさんあるものです。
[ 2014/03/17 21:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2932-40713b9e


-

管理人の承認後に表示されます
[2014/03/15 09:27] URL