「手柄山交流ステーション モノレール展示館」<中播磨旅モニターツアー> (兵庫県姫路市)

#昭和レトロ
<中播磨旅モニターツアー>

「手柄山交流ステーション モノレール展示会」

2009年11月 姫路モノレールの終着駅「手柄山駅」改修に先立って、長い間駅の中に眠っていた車輌の公開と、資料展示がありました。
その時の様子を記事にしていますので 是非ご覧くださいませ。
→ 姫路モノレール 車輌">姫路モノレール 車輌
→ 姫路モノレール資料展示 <於・旧駅舎3階コンコース> ">姫路モノレール資料展示 <於・旧駅舎3階コンコース> 


あの時、アンケートに色々書きました。
「モノレールを再び走らせて欲しい」
「モノレール跡を散策できるように整備して欲しい」

1年半後の 2011年(平成23年)4月29日、旧駅舎の外観は維持したまま改修、、ホール施設・モノレール展示室・水族館を併設した手柄山交流ステーションとしてオープンしました。


14031204.jpg





14031205.jpg

14031206.jpg







14031210.jpg

14031207.jpg

14031208.jpg

当時はこんな風だったのでしょうか?




14031209.jpg

14031203.jpg

14031202.jpg
三角旗のたなびく、姫路大博覧会会場。
人々の幸せな顔が浮かんできます。






「人類の進歩と調和」をテーマに開催された万国博覧会を前に、当時は各地で博覧会が開催されいたようです。
1968年の「びわこ大博覧会」の、遺産は広大な琵琶湖の埋め立てでしょうか。。

あちこちに遊びに連れて行ってくれた両親ですが、さすがに姫路は遠かったのでしょう。
リアルタイムで感じなかったからこその、ノスタルジーも、またいいものです。



中播磨旅モニターツアー INDEX">中播磨旅モニターツアー INDEX


関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/2934-f1504c66